新春ドラマ「アンナチュラル」あらすじと視聴率!不自然な死は許さない、ミコト(石原さとみ)が求める真実とは

f:id:dreams3359:20180108191044p:plain

石原さとみ主演、ドラマ「アンナチュラル」は、1月12日(金)夜10時にTBSから放送スタートします!

日本では、アンナチュラルデス(不自然死)の約80%もが解剖されないまま荼毘にふされている。先進国でも最低の水準、そんな状況を変えるためにUDIラボが作られた。

UDIラボ(不自然死究明研究所)は、謎の死を遂げた遺体を解剖する。法医解剖医によって自然死・事故死・犯罪死を判断する場所でもある。

不条理な死を解明する法医学ミステリードラマは、主演を石原さとみが演じます。死因救命のスペシャリストが主人公・三澄ミコトが真実を追求します。

ドラマ「アンナチュラル」

 UDIラボ(不自然死究明研究所)は、真実を語らぬまま多くの遺体が運ばれてくる。法医解剖医・三澄ミコトは、死因救命のスペシャリスト。

三澄ミコトが遺体にメスを入れると、驚くべき物語が隠されていた。法医学ミステリーが幕をあける。

脚本・製作スタッフ

 ドラマ「アンナチュラル」は、1話完結のオリジナルストーリーです。脚本は、「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子

製作スタッフは、「リバース」、「Nのために」 、「夜行観覧車」を担当したスタッフが作り出す。

新感覚の死因究明エンターテイメントミステリーです。

ドラマ「アンナチュラル」キャスト

 

三澄ミコト(石原さとみ

 三澄ミコトは、不自然死を許さない死因究明のスペシャリストです。性格は合理的でドライだが心の中は沸々と熱を持っている。

ミコトは思う。亡くなった人のためだけでなく、残された人の未来のためにも法医学はある。

中堂系(井浦新

 中堂系は、3000件の解剖をしてきたラボ一の腕利き解剖医です。他人の鑑定を信用しない、性格には問題があった。

九部六郎(窪田正孝

 九部六郎は、法医学の知識も経験もない新人が記録を担当する。みんなの会話に少しづつ入っていく。

東海林夕子(市川実日子

 東海林夕子は、臨床検査技師でミコトの同僚です。明るい性格でムードメーカー役でもある。

神倉保夫(松重豊

 神倉保夫は、自由過ぎるメンバーに手を焼くUDIラボの所長です。元厚労省の役人だった経歴を持つ。雑用から根回しまで何でもこなす。

坂本誠(飯尾和樹・ずん)

 坂本誠は、気弱な臨床検査技師

木林南雲(竜星涼

 木林南雲は、フォレスト葬儀社で働く社員です。ミステリアスな葬儀屋は、LDIラボに遺体を運ぶ仕事をしている。

三澄秋彦(小笠原海・超特急)

 三澄秋彦は、ミコトの弟。

三澄夏代(薬師丸ひろ子

 三澄夏代は、ミコトの母親。天真爛漫な性格がミコトや秋彦を困らせることもある。

野木亜紀子の世界観

 脚本家・野木亜紀子がドラマ「アンナチュラル」に求める世界観とは?

 

演者同士の掛け合いや思いもよらない方向に進む展開を楽しんで欲しい

 

 

台本を見たキャストの感想

 台本はコメディタッチに描かれている。1人が言い出すと、それにもう一人がのっかる。ことば遊びが面白い作品です。

日常ある会話の中にウィットに飛んでいるモノがあったりする。とても見やすい法医学エンターテイメントです。

主題歌「Lemon」

 主題歌は、米津玄師が書き下ろした新曲「Lemon」です。第1話で初披露されます。

ドラマ「アンナチュラル」第1話あらすじ

二つの謎の死

 ある日、息子を亡くした老夫婦がUDIラボを訪ねてくる。警察に再調査を依頼するが断られてしまう。

高野島渉の死亡診断書には、「虚血性心疾患」と書かれていた。突然死の中でも最も多い死因だった。渉は数日前までは健康そのものだった。

三澄ミコトが解剖すると「急性腎不全」の疑いがあった。薬毒物死を疑うが、何が原因なのかが分からない。

高野島が亡くなった翌日、一緒に仕事をしていたデザイン会社の敷島由果(ゆかりん)も亡くなっていた。しかも突然死だった。偶然にしては出来過ぎていた。

 

ゆかりんのご遺体調べに行きましょう。死因が灰になる前に。

 

犯人は恋人なのか?

 ミコトは、渉るの部屋に死因を探しに行く。日常に使うモノの中には、使い方によって死に至ることが溢れている。

アレルギーの人にとっては、ソバや卵やハチミツは毒になる。純度の高いカフェインは毒になる。トマトや白髪染めも毒になる。

そこへ第一発見者の渉の恋人・馬場路子(山口紗弥加)がやってきた。

 

私が高野島を見つけました。泊まりにきました。

 

 路子は、恋人が死んだというのに坦々と冷静だった。それが不自然に見えた。

ミコトが求める真実とは

 二つの死亡は偶然なのか?

 

生きてる間も助けられずに、死んでからも見なかったことにするんですか?

 

死因を究明することで今よりも辛い現実が待っているかもしれない。それでも真実を見つけるために追い求める。

人間だから感情的になるべきだ!軽妙でリアルな会話の中にある現代社会の闇と人間の真実。

隠された事実が明らかになり、物語は衝撃の展開を迎える。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です