2010年冬ドラマ

2010年冬ドラマ

【コード・ブルー2】あらすじとネタバレ!最終回 俺たちの生きているこの世界は奇跡で溢れている

第10話では、飛行機事故が起こる。その便には白石の父親が乗っていた。手に着かない白石に藍沢が言う。“黒田先生に何を教わってきたんだ。”最終回「卒業~奇跡の定義」は、それぞれに抱えている悩みや苦しみにどうするべきか。選んだ道が間違っていないと信じて歩いて行くだけ。
2010年冬ドラマ

【コード・ブルー2】あらすじとネタバレ!第10話 不確かな分かれ道の連続は医療行為も人生と一緒 

緋山の提訴は取り下げられるも心の傷がいえないでいた。でも、心の傷を負うことで他人の痛みを感じることはできる。第10話「帰路」は、それぞれに抱えている悩みや苦しみにどうするべきか。選んだ道が間違っていないと信じて歩いて行くだけ。
2010年冬ドラマ

【コード・ブルー2】あらすじとネタバレ!第9話 心の傷は他人の痛みを分かるために必要である

「コード・ブルー」2st seasonは、ドクターヘリに乗って救助に向かうフェローたちの成長を描いている。第9話「心の傷」は、人殺し扱いされた緋山は“患者が怖い”と言う。心の傷の深さが意味するものは?
2010年冬ドラマ

【コード・ブルー2】8話あらすじとネタバレ!患者の気持ちに寄り寄り添う医者の姿はエゴなのか

脳死状態の患者の呼吸器を外してしまった。母親が抱きしめたい、そう望んだからだ。緋山は後悔なんてしていない。第8話「理由」は、同意書も取らずに呼吸器を外した説明をする。
2010年冬ドラマ

「コード・ブルー2」あらすじとネタバレ!第7話 医者はどうあるべきなのか緋山は謹慎処分へ

藍沢は母親の死について真実を知ってしまう。白石の父親は重い病気にかかっていた。緋山は脳死状態の翼のチューブを外したことが問題になりつつあった。第7話「あやまち」は、ここからスタートします。
2010年冬ドラマ

【コード・ブルー2】6話あらすじとネタバレ!嘘には意味がある隠された真実と暴こうとする気持ち

再放送中の「コード・ブルー」2st season、第6話“秘密”、藍沢(山下智久)の母親は自殺だった。緋山(戸田恵梨香)は脳死の子どものチューブを外してしまう。
2010年冬ドラマ

【コード・ブルー2】あらすじとネタバレ第5話、最後まで医師として生きた田沢のカッコ良さ

冷静沈着で患者に感情移入しない藍沢耕作(山下智久)は、親に捨てられて過去を持っている。再放送中の「コード・ブルー」2st season、第5話“愛する人”、最後まで医師として生きた田沢そして冴島の想いも深かった。気になる視聴率は、16.5%でした!
2010年冬ドラマ

【コード・ブルー2】あらすじとネタバレ第4話、親に捨てられても生きてきた藍沢の過去とは

「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」は、救命センターを舞台に若きドクターの成長を描いた作品です。「コード・ブルー」1st seasonは、2008年にスタートしました。フライトドクター候補生(山下智久・新垣結衣)たちが事故現場に出向き処置をする。 フライトドクターの黒田(柳葉敏郎)に指導を仰ぎながら成長してゆく。