朝ドラ「まんぷく」

朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】131回あらすじと視聴率!まんぷくヌードルは世界を変える画期的な商品だ

萬平(長谷川博己)は、新しいスープを作り上げた。容器に入ったラーメンは、カップ麺と呼ぶことになった。第131回、日本人の生活習慣を変える商品。萬平は、頭で浮かんだイメージをノートに記した。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】130回あらすじと視聴率!新しいスープ完成する萬平の姿は今の源には必要

萬平(長谷川博己)は、新商品を開発するチームを作った。今まで世の中になかった画期的な商品を作るんだ。「まんぷく食品」の社運がかかる開発だった。第130回、若手だけが選ばれた開発チーム。萬平の姿は、やる気のない源にどう映る?
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】129回あらすじと視聴率!アメリカへの売り込み新商品のヒントが

「まんぷくラーメン」の国内販売は、これ以上伸びることはない。萬平(長谷川博己)は、新しい商品を作ろうとしていた。第129回、アメリカに売り込みに行った思い出。そこには新商品のヒントが隠されていた!
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】128回あらすじと視聴率!あれから11年がたつ萬平は新商品を作り出そうとしていた

昭和45年(1970)5月、「まんぷくラーメン」が発売になって11年が立とうとしていた。この年には、大阪万博が開催されて世界中の人が日本に集まっていた。第128回、即席ラーメンの成長は望めない。新商品を考えるしかない。新しいことにワクワクする萬平が見られる。福子はうれしかった。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】127回あらすじと視聴率!大切なモノを守るため即席ラーメンの業界を作るんだ

「まんぷくラーメン」の特許を公開する。萬平(長谷川博己)は、即席ラーメンを作っている会社とライセンス契約を結ぼうとする。第127回、世の中を大きく動かすためには国の力が必要だった。萬平は、世良と大物政治家に会うことになった。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】126回あらすじと視聴率!キレイごとを通そうとする福子の熱意が人を動かす

「まんぷくラーメン」ができなければ、即席ラーメンの粗悪品もできることはなかった。萬平(長谷川博己)には、その責任がある。第126回、世の中のためになる仕事をしたい。キレイごとを通そうとする福子の熱意が人を動かす。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】125回あらすじと視聴率!福子の切ない想い萬平の心の原点を取り戻せ

萬平(長谷川博己)が苦労して作った「まんぷくラーメン」は、世の中に認められる商品だった。猿渡(田中哲司)のニセモノを許すことはできない。第125回、ラーメンの粗悪品は消えない。みんなが喜んでくれる仕事がしたい、萬平の心は原点から離れていた。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】124回あらすじと視聴率!ひとり勝ち萬平の言葉に不安だけが残った

「まんぷくラーメン」は、特許をとることができ。お店には、猿渡(田中哲司)の作ったラーメンが並んでいた。第124回、ただ真っ直ぐに生きてきた萬平(長谷川博己)。戦うことが好きなワケじゃない。福子(安藤サクラ)の不安が募った。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】122回あらすじと視聴率!猿渡の自信はどこから来るんだ萬平の不満

「まんぷくラーメン」は、ニセモノが出回ってしまう。「テイコー食品」のラーメンは、味も似ていた。宣伝用に作ったポスターは、福子(安藤サクラ)にそっくりだった。第122回、世の中のために萬平が必死で作ったラーメン。そう簡単に真似ができるワケがなかった。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】121回あらすじと視聴率!開き直ったニセモノ「本家まんぷくラーメン」

「まんぷくラーメン」を真似したラーメンが出回っている。世良(桐谷健太)は、たくさんニセモノのラーメンを持って来た。しかも安く売っていた。第121回、いつだって真っ直ぐに生きる人は狙われる。萬平は、世の中ためになるモノが作りたいだけだった。