朝ドラ「まんぷく」

朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】120回あらすじと視聴率!萬平の誘いをずっと待っていた岡と森本の男泣き

「まんぷくラーメン」は、問屋からの注文も入るようになっていた。全国で販売するようになることも決まっていた。第120回、このままでは製造が間に合わない。萬平は、信頼できる人を社員に迎えようとしていた。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】119回あらすじと視聴率!一家に5袋「まんぷくラーメン」が売れまくる

「まんぷくラーメン」は、テレビでコマーシャルを流すことに決まった。福子(安藤サクラ)は、モデルとして出演することになってしまう。第119回、コマーシャルの効果は絶大だった。「まんぷくラーメン」は、百貨店で売れまくる。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】118回あらすじと視聴率!ラーメンをテレビで宣伝する福子がモデルに

「まんぷくラーメン」は、国立栄養研究所のお墨付きをもらった。デパートでは、やっと売れるようになっていた。第118回、「まんぷくラーメン」を多くの人に知ってもらう。そのために福子は、テレビで宣伝してもらうことを考える。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】117回あらすじと視聴率!ラーメンを全国で売るために福子が思いついたことは

「まんぷくラーメン」は、まったく売れなかった。萬平は、ラーメンを作ったことが間違いなのかと思ってしまう。第117回、萬平はラーメンは間違っていた。忠彦はデザインが悪かった。男たちは自信を失っていた。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】116回あらすじと視聴率!てんぷくラーメンに見えてきた男たちは弱気になる

昭和33年(1958)8月25日、「まんぷくラーメン」が発売になりました。デパートで売り出すことが決まった。第116回、福子はラーメンができるまでの3分間を話し続けた。新しいモノを受け入れるには、あまりにも短い時間だった。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】115回あらすじと視聴率!武士の娘は大戦に向かった鈴の優しさ

「まんぷくラーメン」は、量産体制に入った。福子(安藤サクラ)は、朝から晩まで働きづめで倒れてしまう。第115回、鈴は娘のピンチに駆けつける。やっぱり私がいなければダメなのよ、武士の娘は強く優しい!
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】114回あらすじと視聴率!働きづめの福子の体に異変が何があった

「まんぷくラーメン」は、やっと完成した。福子(安藤サクラ)は、萬平(長谷川博己)のラーメン作りを手伝うために「パーラー白薔薇」を辞めることになる。第114回、「まんぷくラーメン」は家族や友人たちと作ることになる。福子は、朝から晩まで働きづめになってしまう。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】112回あらすじと視聴率!ついに完成した萬平と福子で「まんぷくラーメン」

萬平(長谷川博己)は、ちぢれ麺にすることを考えた。金型に入れたとき、麺と麺の間にすき間ができる。油の熱が通りやすくなった。第112回、完璧主義な萬平がこだわったラーメン作り。ついに完成になるのか?
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】111回あらすじと視聴率!真一の優しさと絶品ラーメン完成は近い

萬平(長谷川博己)は、ラーメンの麺を油で揚げることを思いつく。油で揚げることで水分は蒸発する。麺に空洞ができる。お湯を注ぐと麺に水分が戻る。第111回、萬平の作るラーメンを誰もが待っていた。福子と真一は、すごいと思ったが…。
朝ドラ「まんぷく」

【まんぷく】110回あらすじと視聴率!萬平が天ぷらで思いつく完成まであと少し

萬平(長谷川博己)は、福子(安藤サクラ)が作る天ぷらを見て思いついた。❝これだ、天ぷらだ福子❞、萬平は麺を作って揚げることにする。第110回、萬平は福子の作る天ぷらで思いつく。ラーメンを揚げると本当に美味しい麺になった。