【なつぞら】10話あらすじと視聴率!なつが叶える泰樹の夢は世界一バターだった

泰樹(草刈正雄)は、なつ(粟野咲莉)にバターチャンを見せる。牛乳からバターを作る道具、泰樹の夢は世界一のバターを作ることだった。

第10話、なつは泰樹の夢のバターを作った。なつや照男が大きくなるころ、バターは当たり前のように側にある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」10話視聴率

第2週「なつよ、夢の扉を開け」第10話が、4月11日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.9%でした!

草創期の日本アニメーション界を支えた女性アニメーター・奥山玲子さんがモデルになっていると言われています。

朝ドラ「なつぞら」10話あらすじ(4/11放送)

私もバターを作りたい!

明治35年、泰樹が18歳のとき富山から北海道に来た。十勝は、火山灰地のため牛飼いを勧められた。

晩成社と言って、先に来た開拓団がいた。その晩成社がバターを作っとった。

バターを食べたとき、北の大地で新しい時代がきている。そう実感した。

ワシもうまいバターが作りたい。そう思った。

なつが大人になる頃は、当たり前のようにバターを食べる時代になっている。その時まで、どこにも負けないバターを作る。

私もバター作りたい。

次の日、照男(岡島遼太郎)は搾乳を手伝った。牛にバケツをひっくり返されてしまう。

今度バターを作ることにした。とにかく、またバターを作ってみたくなった。

バター?また作るの、あの臭いの。臭いよ、牛乳より乳臭い。

なつは、父親が作ってくれたホットケーキの話をする。照男は、バターを作ることに反対だった。その偉そうな態度に夕見子(荒川梨杏)が言う。

何よ跡取り気取っちゃって。男って考えることが、本当に狭いよね。

2

なつは、バターを作ることになった。バターチャンの中に牛乳を入れて、同じ速さで回す。小さな塊ができる。それがバターだった。

こっちも、ちょうど出来たわよ。

富士子(松嶋菜々子)は、ジャガイモをふかす。その上にバターをたっぷりとかける。

美味しい。

夕見子は、しぶしぶ食べてみると笑顔になった。バターでしょ、牛乳じゃないもん。いつまでも素直になれなかった。

これがホットケーキ?

「雪月」では、ホットケーキを作ってくれた。

ウチのバターを使うと、こんなに美味しいモノができるんですね。

本当に恩着せがましいんだから家族で。

新鮮のバターは、柔らかくて香りがよかった。雪之介(安田顕)は、売って欲しいとお願いする。バターの時代はきっとくる。

照男やなつが売る方法もちゃんと考えて、もっと美味しモノを作ればいい。それがワシの夢じゃ。

泰樹は、バターを作るのは自分ではない。なつや照男たちの時代だと思っていた。

学校では、マンガ映画が上映される。家族たちも一緒に「ポパイ アリ・ババと40人の盗賊」を見ることになった。

朝ドラ「なつぞら」10話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です