【なつぞら】15話あらすじと視聴率!なつが十勝で生きる意味は家族を守ること

山田天陽(吉澤亮)の家には、農協から借りた牛がいた。農協で働いている柴田剛男(藤木直人)に勧められて、借りることになっていた。

第15話、すれ違う泰樹の考えと剛男の思い。なつは、どうしていいのか分からないでいた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」15話視聴率

第3週「なつよ、これが青春だ」第15話が、4月17日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、23.6%でした!

草創期の日本アニメーション界を支えた女性アニメーター・奥山玲子さんがモデルになっていると言われています。

朝ドラ「なつぞら」15話あらすじ(4/17放送)

泰樹VS剛男

柴田泰樹(草刈正雄)は、農協の牛を貸し出すことに反対していた。奥原なつ(広瀬すず)は、天陽の牛の面倒を見ることも反対された。

うん、黒白のいい牛だった。

剛男は、天陽のことから農協が何をしたいのか話そうとしていた。

言いたいことがあるなら、なつではなく。言いたい人に言えばいいのよ、面と向かって堂々と。

剛男の妻・富士子(松嶋菜々子)はイラついていた。農家をしている人たちは、お金がなくて牛を買うことができない。農協では、牛を購入して貸し出すことにした。

だからと言って農協が牛飼いを牛耳っていいことにはならんぞ。

農家のために安心して暮らせる土地にしたい。そのために農協は力を貸したいと思っていた。

お前は、牛飼いのことが何も分かっとらん。

村に電気が通ったのは、農協が資金を調達したからだった。団結がなければ、農業も酪農もよくはならない。

分かった、電気いらん。明日、電信柱を引っこ抜け。世の中、ムダに明るくなってしまうと大事なことが見えんようになる。

なつは、照男(清原翔)に相談する。

お前が気にすることはないよ。したから祖父ちゃんも、お前に話さないんだべ。

なつが十勝で生きる意味

剛男は、富士子と話をしていた。なつは、剛男と泰樹の間に何があったのか知りたかった。

実はな、農協で牛乳を一手に引き取ろうかと思ってるんだ。

今までは、酪農家が牛乳メーカーに直接卸していた。それを農協がまとめて卸そうとしていた。泰樹は、そのやり方に反対をしていた。

じいちゃんは、自分の牛乳は自分の力で売りたいだけなの。昔から何でも自分の力でやってきて、それを支えにやってきた人だからね。

このままでは、力の弱い農家だけが泣くことになる。

頼む、なつ。音問別の酪農のために立ち上がってくれないか?

剛男は、なつに泰樹を説得するように言った。

なつ、あんたにだって人生を選ぶ権利はあるんだからね。なつは、まだどっかで遠慮してんだよ。

なつが農業高校をえらんだのは、泰樹の期待に応えるため。これ以上、剛男の期待にも応える必要はない。夕見子は心配していた。

母さん、私じいちゃんと話してみる。じいちゃんの考えも知りたいし。

泰樹の作った牛乳は、他の牛乳とは違う。泰樹は、一緒にされることが何よりもイヤだと言った。

あいつに頼まれたのか?組合は、お前を使ってワシを調略するつもりか?

なつは、もうどうしたらいいのか分からなくなっていた。

朝ドラ「なつぞら」15話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です