【なつぞら】17話あらすじと視聴率!牧場は泰樹そのもの道を曲げることはできない

「十勝農業高校」の倉田(柄本佑)は、演劇部の顧問をしていた。なつ(広瀬すず)の家の問題を演劇のテーマにしようとしていた。

第17話、泰樹は十勝の酪農を支えてきた。今まで歩いてきた道を簡単に曲げることはできなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」17話視聴率

第3週「なつよ、これが青春だ」第17話が、4月19日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、23.1%でした!

草創期の日本アニメーション界を支えた女性アニメーター・奥山玲子さんがモデルになっていると言われています。

朝ドラ「なつぞら」17話あらすじ(4/19放送)

牛乳の扱いが酪農家の未来を変える!

牛乳をどう扱うべきか?その問題を知るためには、取材をして深く知らなければいけない。

それを奥原に手伝ってもらいたい。当事者の目で。

富士子(松嶋菜々子)は、なつが「雪月」に行ってきた話を始める。お土産は、明美(平尾菜々花)が全部食べてしまった。

雪次郎は、まだ演劇なんてやってるの?モテたいのかね。

夕見子(福地桃子)は、雪次郎のことが気になっていた。跡取りはモテない、少なくても自由を求めている女からはモテない。夕見子の持論だった。

倉田先生は、演劇部の顧問で。今日は農協の問題を知りにきたの。

なつと倉田は、農協にきていた。泰樹が反対をしていることを知りたい気持ちも強かった。

乳業メーカーが増えてね、酪農家を確保するのが競争になってしまったんだ。それで牛乳の価格の決め方が問題になってきたんだ。

牛乳は、脂肪分の割合で価格が決まる。乳業メーカーが決める脂肪検査は、酪農家には分からないモノだった。

農協が酪農家から牛乳を集めて、我々が検査を行う。それを乳業メーカーに卸す。そうすることで酪農家の不信感はなくなるだろう。

「しばた牧場」のような大きな酪農家は、乳業メーカーから大事にされる。小さな牧場は、大事にはされない。その差をなくしたかった。

乳業メーカーの思惑

田辺(宇梶剛士)は、十勝を全国一の酪農王国にしたいと言った。なつは、田辺の言葉を聞いて農協の考えは正しいと思った。

しっかりしてよね、父さん。

乳業メーカーは、富士子にお金を渡そうとしていた。それは、奥様封筒と呼ばれているモノだった。

もらっとけ、人との付き合いに古いも新しいもあるか。

お金をもらう理由はないでしょう。

仔牛が病気になったとき、乳業メーカーが獣医を呼んでくれた。お金をもらうのは、牧場への評価だと思っている。

この金で富士子が少しでも助かるなら、ワシは喜んで受け取る。開拓の頃を思えば、キレイごとだけで家族が守れるか。

汚いことは、やめましょうよ。

富士子は、お金を返してしまう。二人の思いは、すれ違ってしまう。なつは、悠吉に相談する。

おやっさんの気持ちも分かるけど。助かる農家は多いべな。

百姓は、値段の交渉を苦手としていた。どうしても乳業メーカーのいいなりになってしまう。

なっちゃん、この牧場はおやっさんそのものなんだべ。だから、そう簡単に道を曲げられねんだわ。

泰樹は、食欲がないと言って寝てしまった。なつと剛男は、気にしてしまう。でも、夕見子だけは何も変わってないと言った。

朝ドラ「なつぞら」17話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です