【なつぞら】8話あらすじと視聴率!なつは生きる場所を求めた泣くことも忘れてしまったのか

なつ(粟野咲莉)は、帯広の闇市で靴磨きをしていた。警察に保護されたが逃げ出してしまう。すれ違うように剛男(藤木直人)たちが警察についた。

第8話、なつは家族のいる東京に戻ろうとした。それは、兄や妹のことが心配と会いたい気持ちが重なったからだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」8話視聴率

第2週「なつよ、夢の扉を開け」第8話が、4月9日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、22.1%でした!

草創期の日本アニメーション界を支えた女性アニメーター・奥山玲子さんがモデルになっていると言われています。

朝ドラ「なつぞら」8話あらすじ(4/9放送)

戦争が引き裂いた家族

なつは、トイレに行くふりをして逃げ出した。剛男は、警察を責めてしまう。

なして逃げたんですか?あなた、あの子に何したんですか?

東京では、警察による刈り込みの後で孤児院に入れられた。なつは、孤児院に入るのがイヤで逃げ出したのかも知れない。

警察が戦災孤児を一斉に捕まえて、そういう施設に送り込むことだ。

なつは、走って逃げていた。でも、子どもの足では遠くまでは行けない。雪次郎が帰ってくる。

なっちゃんよりメンコイ。

雪次郎は、夕見子の方が可愛いと思った。なつと咲太郎は、特別な絆で結ばれている。戦争によってそうなった。

初めまして柴田剛男と申します。君たちのお父さんとは戦友です。戦地でずっと一緒にいた。とても仲良くしてもらってました。

咲太郎は、せっかく貯めたお金も孤児院の人間に盗られてしまった。悔しかった。

お兄ちゃん、千遥はきっと幸せに暮らしてるよ。ここにいるより、ずっといいよ。

剛男は、なつの父親の手紙を渡した。そこには、絵が描かれてあった。

兄の約束、なつの切ない思い

なつは、父親の絵を見て泣いてしまう。戦地でも、たくさんの人の似顔絵を描いてくれた。

お父さん、丁寧に明るくステキな絵を描いてね。みんなにそれで喜ばれて。

剛男は、二人を北海道に誘う。一緒に来ないか?君たちのお父さんと約束したんだ。何かあったらお互い助け合おうと。

おじさん、なつだけ妹だけお願い出来ませんか?俺まで行ったら、下の妹が可哀想だから。

咲太郎は、なつを必ず迎えに行くと約束した。

おじさん、お願いします。なつを絶対幸せにして下さい。不幸にしたら絶対に許さねーからな。覚えとけ。

剛男は、なつを連れて北海道に向かった。なつは、兄の負担を軽くするために行くしかなかった。

自分の幸せを守るために人は怒る。今のあの子にはそれもない。争いごとを嫌って、あの子は怒ることができなくなった。

生きる場所を得ること、それだけが望みだった。なつは、河原で山田天陽に会った。

兄ちゃんと帯広に買い物にきて、俺はここで釣りをして。

泰樹は、なつの賢さを知っていた。もし、ひとりで生きようとするなら水のある場所だ。なつは、天陽に魚を分けてもらう。

じゃあ、明日学校でな。学校で会おうな。

朝ドラ「なつぞら」8回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です