朝ドラ【わろてんか】第40回あらすじと視聴率!たったひとつ、やり遂げた生きた証が欲しい

f:id:dreams3359:20171116211851p:plain

 

伊能は、文鳥師匠に会ってみないか?それだけを残して帰って行った。てんは、「伊能製薬」が伝統派の後援をしていることを知った。

第40回は、藤吉が一番好きな文鳥師匠に会いに行きます。

ドラマ「わろてんか」第40回視聴率

 第7週「風鳥亭、羽ばたく」第40回が11月16日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.7%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第40回 あらすじ(11/16放送)

藤吉の憧れの噺家・喜楽亭文鳥

 伝統派150人の芸人を束ねる文鳥師匠は、藤吉の憧れの人だった。

 

これも何かのご縁や、伊能さんに頼んでおうてみたらどないですやろ。

 

 

文鳥師匠いうたら落語の神様、雲の上の人やで。そんな人に俺ごときがどの面下げて会えるんや。

 

藤吉は、手に汗をかくほど緊張している。

 

何事も風鳥亭のためです。あんじょうおきばりやす。

 

てんと藤吉は、伊能のところへ行く。伊能製薬の正月行事には、文鳥師匠がよく来ていた。

 

親のコネを使うみたいで迷ったんだが、これもいい機械だ。

 

寄席の色はなんや

 

伊能と藤吉は、喜楽亭文鳥のところに行く。伝統派の落語家さんを出して頂けないか?

 

わては、伝統派の看板を背負わされてますんや。端席を下に見ているわけやない。

 

寄席には、その小屋の色がある。席主は、何年もかけてその色を作る。

 

あんたんとこの色はなんや。その色を作ってから来るのが筋や。

 

コネは使えなかった。伊能は悔しかった。

生きた証が欲しい!

 

 

何や栞くんは、もっと雲の上の人かと思うてたんで。

 

 

藤吉には、金持ちで何でも思い通りになる人と思っていた。

 

何を言ってるんだ、おてんさんは君を選んだじゃないか。

 

人生なんて上手くいかないことばかり。でもたった一つ、これだけはやり遂げた生きた証が欲しい。ふたりの気持ちは一緒だった。

「風鳥亭」は、お客さんが少なかった。このままでは、ただ働きと言い出してアサリが消えた。

万丈目は、アサリの分まで舞台に立つことになった。

 

それでは、新し芸をお見せします。名付けて前面。

 

思い付きで面を前向きに被っただけだった。

藤吉郎の手綱をしめて寄席を繁盛させる

 

てんは、寄席で稼ぐことができないため針仕事を続けていた。

 

あの子がしっかりせんさかい、いつまでたってもあんたは夜なべやめられへんな。

 

 

寄席で一緒に働くのが楽しいさかい。

 

てんは、いつの間にか眠ってしまった。啄子は、てんの代わりに着物を縫っていた。

 

針仕事は、もうやめなはれ。あんたの仕事は、藤吉郎の手綱をしめて寄席を繁盛させることや。

 

 

はい、心して頑張ります。

 

啄子は、また天秤棒を担ぐことにする。てんの体を心配してのことだった。

朝ドラ「わろてんか」第40回感想

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です