ドラマ【民衆の敵】第5話あらすじと視聴率6.9%!望月がBL汚職で自殺した暗闇はもっと奥にある

f:id:dreams3359:20171121165811p:plain

ドラマ「民衆の敵」は、政治を舞台にしている。これまでは、何となく緩く進んできたが第1章のラストに事件は起こった。

第5話は、「第一章、完結!物語は急展開!仕掛けられた罠と死」が放送されました。

ドラマ「民衆の敵」の視聴率・あらすじ・見どころ・感想を紹介します!

逃してしまった人はこちらから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

ドラマ「民衆の敵」第5話視聴率

 フジテレビで放送されている「民衆の敵」は、篠原涼子主演で放送されています。気になる視聴率は6.9%、前回より少しだけダウンしました。

急な展開に視聴者がついて来れなかったのが原因なのか?

ドラマ「民衆の敵」第5話 あらすじ

佐藤智子(篠原涼子)は、犬崎和久(古田新太)に借りを作りながらも、岡本遼(千葉雄大)が提案した行き場のない子供たちを支援する子供食堂の創設を藤堂誠(高橋一生)ら、新人議員たちと協力して議決に持ち込んだ。
その後、智子は「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を誠から教えられる。日本人は仕事を優先して休暇も取りにくい状況にあるということ。智子も平田和美(石田ゆり子)とそんな体験をしたばかり。駿平(鳥越壮真)たちの遠足に参加できなかったのだ。まず実践してみたらという誠に、智子はSNSに長期休暇を取ると書き込む。

そんな智子に男から電話が入る。男は手紙を読んでもらえたかとだけ言って電話を切った。智子はバッグから手紙を取り出す。手紙は市議会に汚職議員がいるという告発文だった。智子は小出未亜(前田敦子)や 園田龍太郎(斎藤司)に手紙の内容を聞いてみるが、2人ともそそくさと去ってしまう。
ランチを一緒にした和美にも、先ほどの出来事を聞く智子。和美は下手につついたら、智子たちにも火の粉が降りかかるので慎重に扱うように忠告。智子は和美に汚職の件を調べてほしいと頼む。
その夜、智子は落ち込んでいた。SNSでの長期休暇の書き込みが不評の嵐なのだ。公平(田中圭)は議員としてろくな活動もしていないのに当たり前、SNSへは市議として何をしたかを書いた方がいいと促す。すると、智子は汚職まみれの議員がいるとの告発を調べると書き込んで…。公式HPより引用

 

汚職の資料が送られてきた。そこには建設会社選定の入札価格が明記してあった。受注したのは牧野建設、社長は市長の後援会長だった。

 

つまりね、市長が公共事業を請け負えるように便宜を図ったんじゃないかって。

 

智子は、汚職の原因をツイッターにのせてしまう。たちまち拡散される。智子の家には記者が押し寄せる。

藤堂は、福祉課を訪ねる。内部告発した人間はいない、全ては犬崎に報告済みだった。

建設費用は、2憶ですむ。そこに2憶5000万円を払う。浮いた5000万円は、どこに行った。

 

信じられない、モッチーに聞いてみよう。

 

望月は電話に出ない。望月も福祉課に勤める小野祐樹に連絡する。

 

ごめんね、俺遠くに行くから。

 

小野は、振込依頼書を見せる。それは、望月が小野宛に5000万円を振り込んだ証拠だった。小野は望月の恋人だった。

 

頑張ったご褒美。市長も大喜びでしょう、これで政治資金の心配しないで済むんだから。

 

そう言って小野は望月にブレスレットを送っていた。お金は政治資金へと流れて行った。望月は利用された。

市長は百条委員会にかけられた。その時に望月の自殺が伝えられる。

 

私が独断でしました。市長は潔白です。

 

市長は会見をした。建設の入札の件は、全ては秘書が勝手にやったこと。でも責任は免れない、市長は辞職した。市長選が行われることになった。

犬崎は、自分の派閥から市長を出したかった。

 

こんな政治いらないよ。

 

 

市長になってくれないか?

 

犬崎は、智子に市長になって欲しかった。犬崎を待つ藤堂、兄がこの件に絡んでいた。

 ドラマ「民衆の敵」第5話 見どころ

篠原涼子が持ち歌でカラオケ「愛しさとせつなさと心強さを」

 

 

子ども食堂の成功を祝って智子たちは、カラオケに行っていた。市長秘書の望月も参加して盛り上がっている。

望月がしていたブレスレットも今回のポイントです。

カラオケで流れてきたのは、篠原涼子の持ち歌「愛しさとせなさと心強さを」。邪魔が入って篠原さんの声は聴けませんでしたが面白い!

高橋一生の子ども抱っこ

智子の部屋に汚職のリストが送られてくる。そのため、新人議員たちは智子の家に集まった。

クールな役どころの高橋一生が子ども好きを演出。いろんな表情を持つ藤堂誠が人気です!

 

 

細田善彦の演技が凄すぎる

市長秘書の望月は、入札で浮いたお金を振り込んでいた。振込依頼書には、市役所の福祉課に勤める元恋人・小野祐樹あてに5000万円と書かれていた。

 

ドラマ「民衆の敵」第5話 感想

 

逃してしまった人はこちらから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. sivigether より:

    Whoa a lot of superb tips!
    cialis savings card cialis flussig
    cilas http://cialisvipsale.com
    cialis pas cher paris cialis kaufen wo
    generico cialis mexico

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です