朝ドラ「わろてんか」第147回あらすじと視聴率20.8%!風太が命懸けで守った「北村笑店」の看板

f:id:dreams3359:20180331194846p:plain

昭和20年(1945年)3月13日、大阪は大空襲にあっていた。てん(葵わかな)たちは、風太濱田岳)の無事を笑いの神さんに託した。

第147回、戦争は家族の幸せを奪って行く。でも、笑いの神さんは裏切らない。

ドラマ「わろてんか」第147視聴率

  最終週「みんなでわろてんか」第147回が3月27日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.8%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第147回 あらすじ(3/27放送)

わろうて仰山お供えしたら風太は大丈夫や

おトキ(徳永えり)が「天満風鳥亭」に電報を打ってから1週間がたっていた。

 

おトキ風太に言われたやろ、俺には笑いの神様がついてるから大丈夫やて。その笑いの神様へのお供え物があらへんえ。

 

どんな時でも、笑って暮らせばまた会える。

 

わろうて、わろうて仰山お供えしよ。そしたらきっと風太は大丈夫や。

 

飛鳥と藤一郎は、福笑いをしていた。笑顔と取り戻すために、みんなで福笑いをすることになった。

 

大阪がどないなことになったのか知ってるやろ。ええ加減にせえ。そないに笑いたかったら、今すぐこっから出て行き。

 

治平(西川きよし)が怒ってしまった。

辛い時こそ、みんなで笑うんや

 

治平は、孫の良平を兵隊にとられていた。この辺りも南方やビルマで戦死している人がいた。

 

毎日、胃が痛いらしゅうて。

 

てんは、治平の手伝いをした。

 

ウチの息子も戦争に行ってるんです。今どこにいるかも分かりまへん。ホンマは苦しゅうて、苦しゅうて。毎日泣きたいくらいです。

 

てんは、自分が泣いても息子は喜ばないと思っていた。

 

人間いうんは、お金や地位や名誉を競い合い、果ては戦争までするアホな生きもんや。

 

人生は思い通りにならない、だからこそ人には笑いが必要になった。新一の言葉を思い出しながら治平に話す。

 

辛い時こそ、わらうんや。みんなでわらうんや。

 

笑えばきっと幸せになれる。治平も感じるものがあった。

 

笑う門に福来るか。

 

笑顔いっぱい大根づくしの晩餐

 

治平は、ひとりで福笑いを始める。そこへ飛鳥と藤一郎が入ってくる。

 

お爺ちゃんとやろか?

 

目隠しをして福笑いを始める。その楽しそうな笑い声は外まで響いた。

 

お父ちゃん。

 

新平は、ずっと笑いを忘れた父親の笑顔を久しぶりに見た。家族は、みんなで夕食をとることになった。

 

今日は、お大根づくしの晩餐でっせ。

 

飛鳥は、笑いの神様に感謝することを伝える。

 

良平が元気で帰ってきますように、笑いの神様に拝んでみよかな。

 

そこへ風太がやってくる。

風太が命懸けで守った「風鳥亭」の看板

 

 

お父ちゃんな、お前らの笑顔見るまで死んだらあかん思うたら助かったんや。

 

おトキと飛鳥は、風太が無事だったことが嬉しかった。

 

大阪も東京も空襲で北村の寄席は全滅や。天満は「風鳥亭」の辺りだけ焼けてもうた。もってこれたんは、これだけや。

 

風太は、「風鳥亭」の看板を持ってきた。

 

てん、すまん。ホンマにすまん。

 

 

アホ、こんなもんのために命はったんか?

 

「風鳥亭」の看板は、風太と芸人たちの夢の証しだった。

 

ウチは、風太が無事やっただけで充分や。

 

リリコや残った芸人たちの行方が分からなかった。

 

あちこち探し回ったんやけど、見つからんかった。

 

風太は、明日の朝には大阪に戻ると言い出す。

 

「風鳥亭」は、芸人らの目印や。あいつら帰って来た時に誰もおらんかったら、あかんやろ。

 

風太は、みんなの無事を祈って笑って欲しいとお願いする。そして、大阪へと戻って行った。

朝ドラ「わろてんか」第147回感想

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です