「半分、青い」第27回あらすじと視聴率20.9%!守られる世界より自分らしく生きたい

鈴愛(永野芽郁)は、「オフィスティンカーベル」に連絡する。何度かけても留守番電話なってしまう。

第26回、律の声が鈴愛を強くする。何があっても東京に行くことができるのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「半分、青い」第27話 視聴率

第5週「東京に行きたい!」第27話が5月2日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

ドラマ「半分、青い」第27話 あらすじ(5/2放送)

先生のところで働きたい!

鈴愛は、「オフィスティンカーベル」の秋風羽織(豊川悦司)と話すことができた。

楡野鈴愛です。五平餅です。

宇太郎が失礼なことしたことと自分の思いをストレートに伝える。

でも、しかし私は先生のところで働きたい。マンガの勉強をしたいと思っています。

東京に向かい菱本に謝りたいと申し出る。

まて五平餅、早まるな。君の気持ちは分かった、私に任せなさい。

鈴愛の夢はつながった

楡野家は、大そうじを始める。仙吉(中村雅俊)は五平餅を作った。

こんにちわ、ごめん下さい。

「オフィスティンカーベル」の菱本と「散英社」の小杉が挨拶にやってきた。

すげぇ「散英社」、少年ドラゴンとかも作ってるんですよね。

マンガが大好きな宇太郎(滝藤賢一)と草太は、編集者に会ったことで興奮していた。

親御さんがご不安になられるのは、もっともなのに配慮が足りないところがありました。

菱本(井川遥)は、全寮制の中学に入っていた。小さい頃に親元を離れたため気持ちが分からなかった。

いえいえこっちも言い過ぎました。

宇太郎は、一方的に責めたことを後悔していた。晴は、その姿を見て面白くない。

律の声が鈴愛を強くした

鈴愛は、律に連絡をする。

これで家族の6割がた見方についた。宿敵ゴアを倒すのは今日や。頑張る前に律の声を聞いときたかった。

告白か?

律の勉強のジャマをしてはいけないと電話は切られてしまう。頑張れスズメ、応援しとる。律は心からそう思った。

あのどうぞよーくお考えになってお決め下さい。

秋風羽織は、少数の弟子を募りマンガ家を育てる。デビューには、知り合いの出版社を紹介する。そこへ鈴愛は、行こうとしていた。

あんたは農協に行けばいい。東京に行くことは許さん。

晴は、どうししても反対だった。

私は東京に行く!

晴は、この街の農協で勤めた方がいい。鈴愛の幸せを思ってのことだった。

どうしてあんたが13社も受けて落ち続けたか分かる?あんたが何でも本当のこと書くからや。

鈴愛は、左の耳が聞こえないと履歴書に書いていた。

あんたは、世の中の厳しさを知らん。嫌な面を知らん。そんなあんたを東京に出すわけにはいかん。

お母ちゃん、スズメは知っとった。でも私はウソついて入るのは絶対イヤやった。私は東京へ行く。

自分のことを分かった上で就職したい!どこまでも真っ直ぐな気持ちを持っていた。晴はどう向き合う?

朝ドラ「半分、青い」第27回感想

見逃した方はこちらから⇨ドラマ観るなら<U-NEXT>


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です