【コード・ブルー2】あらすじとネタバレ!第9話 心の傷は他人の痛みを分かるために必要である

コード・ブルー」2st seasonは、ドクターヘリに乗って救助に向かうフェローたちの成長を描いている。

第9話「心の傷」は、人殺し扱いされた緋山は“患者が怖い”と言う。心の傷の深さが意味するものは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「コード・ブルー2」第9話あらすじ

緋山の心の傷

連続縫合・水平マットレス縫合・スキンステイプラン・敗れた傷を縫う方法を外科医は何通りも知っている。だが、心の傷は心の傷を縫い合わせるにはどうすればいいんだろう。

緋山の提訴は取り下げられた。でも、緋山の心の傷は深かった。生意気で無鉄砲でうぬぼれ屋の緋山の影も見えない。

スキー練習中の事故

田上信夫は、スキーの練習中に事故にあった。緋山は患者が怖くなっていた。そのため処置中にケガをしてしまう。

もう二度とスキーをすることが出来なくなる。階段でリハビリ中に転倒してケガをしてしまう。どうしてもスキーをしている姿を娘に見せたいという田上だった。

私の父は医者です。私にとってヒーローでした。でも、その父も病気で長くありません。ヒーローじゃなくていい生きていて欲しい。今はそう思います。

バイクの事故

青山美樹は、バイク転倒による負傷でコンパートメント症候を発症していた。転倒の原因は脳腫瘍による意識の喪失であった。

仕事が忙しくひとり息子は祖母に預けている。一緒に暮らすことを楽しみにしていたのに夢は叶わない。腫瘍の除去手術により右半身に麻痺が残ってしまう。

藍沢は死んでしまった母親に言いたいことはあるのか?

ただ聞いてみたいです。子どもと一緒にいられる時間は短いと分かっていたのか?少なくてもあなたはそれに気づいた。その上で一緒に住まない方法を選んだ。子どものために、あなたはいい母親です。

心の傷

心の傷を治す方法はない。ただこうも思う。心の傷はきっと必要なモノだ。なぜなら、心に傷を負うことで他人の痛みに気付けるようになるから。

田所部長の病気

田所が倒れてしまう。心臓をいったん止めて手術をすることになった。その事例はなかった。一度死んだ状態にしての手術は難易度が高い。

まとめ

子どもと一緒にいられる時間は、本当に短い。でも子育てをしているときは必至だからそのことを考えている余裕がない。

子育てをしている一瞬一瞬を大切する。そんな当たり前のこと何故置き去りにしてしまうのだろう。

見逃し動画配信サービス「コード・ブルー2」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「コード・ブルー」は、動画配信サービス(動画を楽しむなら「FODプレミアム」)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回1ヵ月無料キャンペーンに登録が必要です!
・「コード・ブルー」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

動画配信サービス「動画を楽しむなら「FODプレミアム」」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

FODプレミアム

※紹介している情報は2017年7月19日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

(記事内の画像出典:公式ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です