アンジャッシュ渡部がよく行くお店!赤坂の「東洋軒」 は松坂牛のブラックカレーとメンチカツ

赤坂にある高級老舗洋食店の「東洋軒」は、アンジャッシュ渡部がよく行くお店だ。

年間を通して500軒以上を食べ歩くほどのグルメである。

8月31日(木)のヒルナンデスでは、アンジャッシュ渡部のよく行くお店が紹介された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東洋軒

「東洋軒」は、赤坂見附駅のすぐそばにある。創業は明治22年、伝統を守りながれも洗練されたグルメ通に人気のお店だ。

店内には、個室もあって落ち着いた雰囲気がある。

●松坂牛のビーフシチュー 3,800円

●車海老フライ 4,000円

●プリン・ア・ラ・モーと 1,200円

メンチカツ

アンジャッシュ渡部おすすめメニューは、「メンチカツ」。松坂牛と宮崎県産の黒豚を使った贅沢メンチカツだ。お値段2,200円!

牛・豚をそれぞれ赤身・脂身に分けて、粗さを変えて挽き肉にしている。お店で焼いたパンで作る自家製パン粉をまぶす。

松坂牛のブラックカレーライス

「松坂牛のブラックカレー」は、昭和初期にお客さんの要望で完成した東洋軒伝統のブラックカレー。

松坂牛をたっぷりと使っている。その背脂と小麦粉、ブイヨン、スパイスなど煮込み約1ヵ月かけて作っている、

1人前ずつかまどで炊いたコシヒカリにカレーをかけている。お値段2,600円。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です