朝ドラ【ひよっこ】第145話のあらすじと視聴率!早苗(シシドカフカ)の恋にべっぴんさんを思わせると話題に!

f:id:dreams3359:20170918212241p:plain

みね子(有村架純)たちは月時計に集まっていた。早苗(シシドカフカ)が大切な話をしようとしていた。

第145話は、私の恋の話を聞いてください。早苗が自分の話をするのは初めてのことだった。

見逃した方はこちらから⇒<日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 朝ドラ「ひよっこ」第145話 視聴率

第25週「大好き」第145話が9月18日月曜日に放送されました。気になる視聴率は21.9%でした。

第145話 あらすじ(9/18放送)

月時計には、みね子・愛子・世津子・早苗が集まっていた。早苗は自分の話を聞いて欲しいと言う。

 

18歳で東京に来たんだ、一関から。兄が二人と弟が一人いて、家のことはそんなに考えなくていい環境だったんだ。

高校出たら勤めに出て、地元でね。で、嫁に行くみたいなのが普通のコースだったかな周りでは。私も漠然とそうやって生きるのかなって思ってて。でも、東京で暮らしてみたくてね。どうしても。

早苗は東京に来て、銀座のデパートの屋上に行こうとした。生まれて初めてのエレベーターに乗ると閉じ込められてしまう。

突然止まったエレベーターでは、男の人と二人きりで5時間も閉じ込められた。その人は泣きじゃくる早苗の手を握ってくれた。

赤坂のクラブでドラムを叩いている人だった。二人でいる間、いろんな話をした。早苗は、その人に恋をした。

その人はアメリカに勉強しに行くことになっていた。二人はお互いが好きになっていた。

 

まいったな、恋しちゃったな。

 

 

好き、離れたくない。

 

 

これは運命だよな。必ず一人前になって戻ってくるから待っててくれ。

 

 

待ちます。

 

 

そしたら結婚しよう。

 

 

はい。

 

 

何歳まで待ってくれる。

 

 

25歳。

 

早苗は今でも後悔している。何でいつまでも待つと言えなかったのだろう。その時の自分にとって25歳は遠い未来だと思っていた。

それ以来、早苗が25歳を超えても会っていない。彼が知っているのは、名前・年齢・職場・アパートだけだった。

早苗は、その人をずっと待ち続けていた。みんなはステキな話だと聞き入っていた。

愛子は省吾の似顔絵を見つめていた。

 

 

やだな。がんばってふられるのやだな。

 

みね子と世津子は同じ部屋で暮らすことになる。それは、早苗のアイデアだった。

 

早苗さん可愛かったね。

 

 

はい。

 

みね子は愛子がいることで助かっていた。世津子は父親と一緒に暮らしていた人。でも、これを乗り越えられたらステキだなって思っていた。

 

でも。

 

何でも言いましょうよ。

 

そっか、私とみね子ちゃんのお父さん。私にとっては雨男さん、私たちの過ごした時間については誰にも話すつもりはない。絶対に、私だけの思い出だし。

それだけは絶対に変えるつもりはないんだ。それが私の本音、分かってくれるかな。

みね子の気持ちは複雑だった。

第145話 感想(9/18放送)

 見逃した方はこちらから⇒<日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. contapelni より:

    Nicely put. Thanks.
    where to buy cialis in ontario cialis canadian drugs
    cialis bula http://cialisvipsale.com
    cialis price in bangalore look here cialis order on line
    40 mg cialis what if i take

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です