朝ドラ【ひよっこ】第146話のあらすじと視聴率!実は美代子に2度目のプロポーズが視聴者の涙を誘う

f:id:dreams3359:20170919222549p:plain

 みね子と世津子は一緒に暮らしていた。みね子の父親は、世津子にとっては雨男さんのままでいて欲しかった。

第146話は、みね子が触れたくない父親と世津子の思い出話からスタートする。

 朝ドラ「ひよっこ」第146話 視聴率

第25週「大好き」第145話が9月19日火曜日に放送されました。気になる視聴率は21.5%でした。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

第146話 あらすじ(9/19放送)

 

世津子は、みね子に自分の想いを伝える。

私たちの過ごした時間は誰にも話すつもりはない、絶対に。私だけの思い出だし。

病院の先生が言ってたんだけど、谷田部実さんの記憶が戻ったとしたら、今度は忘れてしまうことがあるんだって。

つまり、私との時間を忘れてしまうんだって。そうすれば二人の時間があなたのお父さんを苦しめないし。

それにあの時間が本当に私だけのモノになる。そうなれたらいいなって思ってる。ごめんね。

谷田部家では、「ポット・マムの栽培」をしようと考えていた。米だけでは生活が大変だから、新しいモノを作ろうとしていた。

実もまた世津子の話を美代子にしようとしていた。

 

美代子話をしておいたほうがいいど思うんだ。そごについては、ふれずにきたけど。

東京でどうしてだがっていう、ヒミツみだいになるのは夫婦でよぐねぇど思うんだ。美代子きかねぇし。

 

 

実さん、変わってないね。優しくて誠実で真面目で相手のこといずも考え出る。でも、女心はあんまし分かってない。

 

 

 ダメな男だったのげ。

 

 

そういうところを好きになったから、知りたくないです、私。実さんの東京でのこと。だから言わないで下さい。

 

美代子は幸せだった。実と離れていた時間が二人を強くしたのだった。

 

可愛いなっと思うって、俺好きだ。美代子のこと。女房だったからとか関係なく。美代子のこと好きだ。

一緒に生きてってくれっか。美代子と一緒に生きていきてーんだ。

 

 

はい、ありがとう。よろしくお願いいたします。

 

実は美代子の手を握った。

 

実さん、同じ言葉でした。美代子と一緒に生きていきたいんだ。同じ言葉でした、結婚したときと。

 

美代子は嬉しくて泣いてしまう。こんな嬉しいことが人生で2度も来るなんて幸せ者です。

奥茨城では、2度目のプロポーズに盛り上がっていた。

第146話 感想(9/19放送)

見逃した方はこちらから⇒<日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です