朝ドラ【わろてんか】第57回あらすじと視聴率19.2%!中村ゆりと北村有起哉が登場、期待が高まる

f:id:dreams3359:20171207181139p:plain

てん(葵わかな)は、鳥居の前で倒れ込む女子にあった。事情があって大阪へ逃げてきた。丸2日も飲まず食わずだった。

第57回は、稲荷神社で出会った女子は噺家の娘だった。

ドラマ「わろてんか」第57回視聴率

 第10週「笑いの神様」第57回が12月6日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.2%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第57回 あらすじ(12/6放送)

稲荷神社で会った、お夕という女子

稲荷神社の前で倒れた女子は、お夕(中村ゆり)と名乗った。丸2日飲まずだったお夕は、てんが作る食事を平らげた。

 

ゆっくりしてもらったらええ。

 

藤吉(松坂桃李)は、近くに団吾の人力車が来たいって飛び出して行った。

団吾(波岡一喜)の名前を聞いて、お夕の顔色が変わった。

お夕は、「風鳥亭」の手伝いをする。何もしないでいるのが嫌だった。お夕は何でもできる。お茶子の仕事も見事だった。

お夕の父親は噺家だった

 お囃子の三味線を弾く人が体調が悪く来られない。

 

あのよかったらウチが。

 

お夕は三味線も上手かった。亀井は、ただモノではないと見た。

お夕の父親は噺家だった。三味線は、母親に教えてもらっていた。旦那さんは、名もない芸人と言う。

 

もう少し手伝うてもらえへんやろか?それとウチの長屋にあいてるとこあるさかい、そこにいはったらどうやろ。

 

お夕は感謝していた。

寺ギンを怒らせる

 寺ギンがやってくる。藤吉が団吾を抱え込むことが気に入らなかった。

 

芸人雇って再拝するのは、ウチら太夫元のすることや。ケンカでもするつもりか?

 

団吾師匠は、毎晩のようにお祭り騒ぎだった。藤吉は、団吾師匠に話を聞いてもらおうと必死だった。

 

地獄の踊り合戦や、わしに勝ったら話きいたるで。

 

藤吉は、ひと晩中付き合わされて気が付いたら朝だった。てんは呆れている。

第2回団体交渉も決裂した

 キースたちが交渉にやってくる。

 

我々にも契約金を払って、芸人として尊重すること。

 

高座にも出番を増やして欲しいと言い出す。高座はお客さんの人気次第、簡単に決められることではなかった。

 

文句言う前に新しいこと考えて、団吾師匠より笑いとってみいや。

 

てんは、キースたちは「風鳥亭」が出来た時からの仲間だと思っていた。苦楽を共にしてきた人たちを無下にしている藤吉が許せなかった。

 

ウチも要求書を出させて頂きます。妻の息子の待遇改善を求めます。

 

第2回団体交渉も決裂してしまった。

偽物の団吾は、お夕の亭主

 

「万々亭」に月の井団吾がやってきた。藤吉は、慌てて追いかけると偽物だった。

 

団吾師匠をは似ても似つかぬ偽物や。

 

お夕も一緒にきていた。

 

あんた何してんの?

 

そこにいたニセ団吾は、お夕の亭主だった。

朝ドラ「わろてんか」第57回感想

 

 

逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です