朝ドラ「わろてんか」第56回あらすじと視聴率20.0%!藤吉(松坂桃李)が芸人と対立する、てんの不安は届かない

f:id:dreams3359:20171207173517p:plain

藤吉(松坂桃李)は、月の井団吾を手に入れることに必死だった。「風鳥亭」の芸人は話を聞いてくれないと機嫌が悪かった。

第56回は、月の井団吾を手に入れるために藤吉は芸人たちと対立してしまう。

ドラマ「わろてんか」第56回視聴率

 第10週「笑いの神様」第56回が12月5日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.0%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第56回 あらすじ(12/5放送)

芸人と対立

藤吉は、やっと月の井団吾に会うことが出来た。芸で手にしてた祝儀をみんなに振る舞う豪快っぷりだった。

「風鳥亭」の芸人は、労働争議の真似事を始める。委員長は、万丈目。書記長はキースだった。

 

我々は、芸人一同でこれより席主に団体交渉に臨みます。

 

芸人たちは、月の井団吾を迎えるために1万円のお金を使うことが気に入らなかった。

 

断固反対、団子反対!

 

これまで「風鳥亭」に尽くしてきたのに努力を認めてもらえない。そんな気になっていた。

風太はてんを卒業できない

 藤吉は、出て行いたいならかまわない。今は団子師匠の方が大切だった。

 

どれだけ金積んだところで、団吾師匠は手に入らんで。誰にも靡へんから団吾師匠なんや。

 

トキは、風太の言い方がムカついた。

 

いつになったら、あんたはおてん様を卒業できるんやろな。

 

伊能の自由が不自由

 伊能のところに腹違いの兄が来ていた。活動写真のことが気に入らなかった。

 

おやじは君を自由にさせてきたけど、私の代になったらそうはさせん。

 

伊能の父親は、伊能製薬を退任して兄が継ぐことになった。伊能の貿易会社は、本家のものだから栞は解任になってしまう。

 

腹違いの弟には何も渡したくない。そういうことだろう。

 

藤吉は、月の井団吾のことで相談しにきた。

 

月の井団吾は、新しいことに挑戦し続ける。いわば改革者だ。

 

時代に取り残されるわけにはいかない。時代を切り開くためにも、手に入れるべきだと言う。

太夫元の寺ギンの顔色が変わった

 

てんは、今まで苦労を共にしてきた芸人を袖にしている。そう思った。

 

師匠の前に考えることがあるんちゃいます?

 

労働争議のことは、ほっといてもかまわない。てんは不信感を募った。

寺ギンは、面白い芸人を探している。

 

ほなら風太、団吾師匠を連れて来てくれるか?

 

風太は、「風鳥亭」の席主が団吾を抱え込もうとしていることを話してしまう。寺ギンの顔色が変わった。

てんは、稲荷神社の前で倒れ込む女子を見つけた。

朝ドラ「わろてんか」第56回感想

 

 

 

逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です