ドラマ【陸王】第7話の視聴率は最高14.7%!最後まで悪あがきしたい宮沢(役所広司)の決断とは

f:id:dreams3359:20171209212837p:plain

茂木博人の復活レース「ニューイヤー駅伝」で5人を抜いて区間賞をとった。「陸王」を履いた茂木の活躍は、手塚の体調不良と取り上げられた。

第7話は、「陸王が中止! あきらめない息子」が放送されました。

ドラマ「陸王」第7話の視聴率

 ドラマ「陸王」の視聴率は、14.7%でした!池井戸潤の作品は、企業を再生するストーリーが多く視聴率も高い。

こはぜ屋は、陸王を作るためのアッパー素材をアトランティスに奪われる。火事でシルクレイを作る機械がクズ鉄になる。

新しい機械を作るためには1憶円が必要、そのため村野と対立してしまう。盛りだくさんの1時間でした。

ドラマ「陸王」第7話、あらすじと感想を紹介!

アッパー素材を探せ!

茂木の活躍は、新聞に大きくのることはなかった。そのため、「陸王」も売れなかった。アトランティスは、アチバナラッセルとの取引を結んでいた。

 

タチバナラッセルの代わりを見つけるしかない。

 

大地は、織物会社のリストを作っていた。

 

聞くだけなら出来るよ。

 

大地は、本当に行きたいところでけの就活をする決めていた。

シルクレイが作れない

 

茂木は、自分にできることはないか?「月間アスリート」から連絡が入った。

 

 

リベンジと言うよりリセットですかね。「陸王」がそれを可能にしてくれました。

 

インタビューで茂木は陸王を宣伝した。

「こはぜ屋」の警報機が鳴った。シルクレイを作るための機械が燃えてしまった。

 

ついにやっちまった。

 

ただの鉄のクズになってしまった。シルクレイを作ることは、もうできない。宮沢の前に新たな障害ができた。

 

1憶はかかる。

 

「こはぜ屋」の年商は7憶だった。そこに1億の借金を背負うことは難しかった。

選手の気持ちと経営者の苦悩

 

シルクレイを作るためには、新しい機械を導入する。そのため、1憶円の借金を申し込んだ。

 

ご融資できません。こはぜ屋さんを守るためです。

 

村野は、茂木のことを考えて欲しいとお願いする。現実的には、サポートするのは難しい。

 

どうやら私の見込み違いだったようだ。

 

村野は、徹底的に選手の身になって考える男だった。経営者の苦しみは、経営者にしか分からない。

人に投資する「ベンチャーキャピタル

 

「月間アスリート」が出来上がった。その記事は、小さくて茂木の言った言葉は少しも載っていなかった。

 

納得できないんで抗議させて下さい。

 

茂木はムカついていた。手塚に勝つためには、体調不良なんて言えないくらい叩き潰すことだった。

坂本は、何もしないで諦めようとしている宮沢に不信感を持った。銀行以外にも資金調達の方法がないのか?

ベンチャーキャピタル」への転職を考えていた。

 

ベンチャーキャピタルは、会社ではなく人に投資すると言われています。

 

坂本は、事業を続けるつもりなら連絡が欲しいと話した。

お兄ちゃんがお父さんを信じてる

 

大地は、アッパー素材をずっと探していた。もうとっくに父親が諦めていたのに、大地は約束を守ろうとしていた。

片っ端から連絡をとっているリストを見て、宮沢の目に涙が光った。

 

きっとお兄ちゃんは、お父さんが「陸王」を諦めないって信じてるんだよ。

 

村野は、陸王で走り続ける茂木に話すことが出来なかった。

 

陸王」を諦めることを銀行のせいにしていた。銀行員が100人いたら100人とも反対する、だったら101人目に当たりたい。

 

宮沢は、「陸王」を諦めたくなかった。やれるだけやって、それでもダメなら悔いの残らない諦め方をしたかった。

 

だから、もう少しだけ悪あがきさせてくれ。

 

飯山は、「フェリックス」から独占契約の話があった。宮沢の言葉を聞いて断った。

 

社長が諦めの悪い男でさ、顧問としては付き合ってやるしかないんだよ。

 

会社を売りませんか?

 

茂木は、次のフルマラソンで手塚と勝負することのなった。

 

次は逃げられないぞ。

 

 

お前こそ少しは知名度あげてこいよ。でなきゃ潰しがいがない。

 

宮沢は、「ベンチャーキャピタル」に融資をお願いしていた。でも、さすがに1憶円は難しいという結論が出た。

 

宮沢さん、会社を売りませんか?

 

坂本は、「フェリックス」との売買契約の話を持ち出した。どうなる「陸王」?

ドラマ「陸王」第7話感想

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です