朝ドラ「わろてんか」第62回あらすじと視聴率20.6%!お夕が団吾のところに団真のためなのか

f:id:dreams3359:20171212191626p:plain

てん(葵わかな)は、芸のことも芸人のこともよく分かっていない。そうリリコに言われてしまう。たしかに団吾師匠(波岡一喜)のことを知ろうともしていなかった。

第62話は、てんが団吾師匠に会いに行く。

ドラマ「わろてんか」第62回視聴率

 第11週「われても末に」第62回が12月12日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.6%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第62回 あらすじ(12/12放送)

家に戻れない藤吉

藤吉(松坂桃李)は、てんに子育てと家事に専念するように言ってしまった。「風鳥亭」の売り上げの計算や仕入れもすることになってしまった。

そこへ風太濱田岳)が集金にくる。

 

今日は寂しいひとり飯ですか?

 

てんとケンカした藤吉を面白がっている。もう戻れないかも知れない。

てんは、風太待ち伏せした。団吾師匠(波岡一喜)に会いたいと言いだす。

 

師匠がどんな人なんか、自分の目で確かめたいんや。

 

てんが団吾に会う

 団吾師匠は、酒を飲め。踊りはできるのか?と言い出す。てんは何もできなかった。

 

ウチはお金で芸人さんを縛るなんて、しとうありまへん。

 

芸人さんと席主は、お金だけの関係ではないと信じていた。団吾は、話す事なんてなかった。てんと風太は、団吾の後をつける。

 

はよ、追わんと。

 

団吾は、別宅へと入っていった。そこにお夕(中村ゆり)がやってきた。

 

わしの別宅や。これ見舞いや、食うて精を付けや。

 

てんは、お夕を連れて帰ろうとした。でも、お夕は戻る気はないと言い切った。

 

ウチのことは、どうぞこのまま放っといて下さい。

 

芸人は家族や

 

「万々亭」では、芸人たちが集まっていた。スト破りをした岩さんを責めていた。そこへ藤吉が夕食を食べにやってくる。

 

ええかげんにせい。何が裏切りもんや。芸を磨く努力もせんと何やっとんねん。ほんまええんか?

 

藤吉は、芸人たちの才能を信じていた。

 

信じていた俺があほやった。お前らも芸人やったら、命がけで芸に取り組んでみ。

 

てんと藤吉にとって芸人たちは、家族だった。

 

ライスカレーある?えっ、いつもの。

 

藤吉は、てんが作るライスカレーが食べたかった。

団真の思い

 てんは、団真(北村有起哉)のところに行く。団真は、ひとりで軒下から外の雨を見ていた。

 

そうか団吾がお夕の面倒を。それはよかった。

 

お夕と団吾は、元々一緒になる予定だった。先代がそう決めていた。でも、お夕が好きになったのは団真だった。

お夕は、団吾と一緒にいた。

 

ゆっくり養生したらええ。

 

お夕と団吾は、傘を取ろうとして指がふれてしまう。少し笑みをこぼした団吾だった。

朝ドラ「わろてんか」第62回感想

お夕は、覚悟をした上で団真のところを出て行ったのだと思う。このまま側にいてもお互いがダメになってしまう。

側で励ますより遠くで見守る選択をした。団吾のところにいるのは、団真を思ってのことなのかな。

 

逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です