ドラマ【民衆の敵】第7話あらすじと視聴率5.8%!田中圭のイクメンは女性の理想、戦うママが増えるのか

f:id:dreams3359:20171226223528p:plain

佐藤智子が市長になって、毎日が多忙だった。そんな智子を支える夫・公平もイクメンとして人気があった。

第7話は、「市長はお前じゃない、この私 一発逆転の大勝負!」が放送された。

ドラマ「民衆の敵」の視聴率・あらすじ・見どころ・感想を紹介します!

逃してしまった人はこちらから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

ドラマ「民衆の敵」第7話視聴率

 フジテレビで放送されている「民衆の敵」は、篠原涼子主演で放送されています。気になる視聴率は5.8%月9の視聴率低迷は深刻だ。

あと3回、ドラマ打ち切りはないかも?

ドラマ「民衆の敵」第7話あらすじ

市長となった佐藤智子(篠原涼子)は、副市長に前田康(大澄賢也)、秘書は富田恭一(渡辺いっけい)と犬崎和久(古田新太)の人事を受け入れ、あおば市議会は犬崎派が牛耳る形となった。それでも、福祉政策を進める智子の市民人気はうなぎのぼりで、ドキュメンタリー番組にも取り上げられる。この人気を盾に、犬崎は元市長の河原田晶子市長(余貴美子)が中止したニューポート開発を再び進めようと開発委員会を設置。その委員会に、智子は出席することが出来なかった。

智子と平田和美(石田ゆり子)の関係は相変わらずギクシャクしたままだ。和美はあおば市議会から資料として渡された黒塗りだらけのニューポート開発委員会議事録に不信感を抱くが智子に聞くことはできない。ならばと、移動中の犬崎を捕まえて質問をあびせる和美。だが、この和美の行動は犬崎に目をつけられることになる。和美は、藤堂誠(高橋一生)に取材をするが情報は得られない。
智子は誠に相談された非行少年、少女たちを立ち直らせ、子供たちの悩みや相談を受け入れられる仕組みに取り組もうとしていた。しかし、犬崎はニューポート開発地区で反対運動を行う市民の強制排除に動く。そのために智子は記者たちに取り囲まれてしまうが、何も答えることができない。智子は犬崎に真相を尋ねに行くのだが、市長にできないことを代わりにやっただけだと言われてしまった。智子は市民から得た信頼を瞬く間になくす窮地に立たされる。

【民衆の敵】公式ページより

 

佐藤智子は、市長になって自分のしたいことを通すために犬崎の力を借りた。その人気を犬崎は利用しようとしていた。

「ニューポート計画」、それを実行するのが狙いだった。智子と和美は、犬崎のことで上手くいっていなかった。

立場を得た智子は、本当に自分のやりたいことができるのだろうか?

ドラマ「民衆の敵」第7話感想

 どんなに苦しくても支えてくれる家族がいる。そんな家族愛がつまった展開でした。ひとりでは何もできない、温かい人に囲まれるのは人柄だろうか?

逃してしまった人はこちらから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です