朝ドラ「わろてんか」第74回あらすじと視聴率20.2%!好きな藤吉と生きて来れた幸せ安来節にかける

f:id:dreams3359:20171226153339p:plain

てんと藤吉は、安来節の踊り手を探すために島根にいた。手塩に育てた娘を手放せない父親に会ってしまう。
第74回は、安来節の踊りが上手い都の父親と対決する。

 ドラマ「わろてんか」第74回視聴率

 

 第13週「エッサッサ乙女組」第74回が12月26日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.2%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第74回 あらすじ(12/26放送)

 安来節の踊り子たち

 

 勝部なつは、踊りが自慢の娘だった。容姿と長い手足も自信があった。小豆沢とわは、笑顔がキレイな娘だった。食べることが大好きなお茶目な子です。

錦織あやは、とにかく通天閣が見たい。お給料は、レストランや活動写真に使うと言う。

安達都は、踊りが一番上手い娘だった。たくさんお給料をもらって、牛を買いたいという。両親に楽をさせてあげたい、兄妹を学校に行かせたあげたい。それが夢だった。

 

家族思いやな。

 

この地方の子どもたちは、いずれ出稼ぎに行くことになる。暮らし向きは良くなかった。

 

ひとり120円の契約料と20円の月給を出す。それやったら納得してもらえるやろ。

 

藤吉は、4人を選ぶことにしていた。

二度とないチャンス

 てんは、娘たちが親元を離れてやっていけるのだろうか?それが心配だった。次の日、4人が選ばれた。

 

ここに集まったもうた皆は合格者や。

4人とも喜んでいる。ただ、都だけは暗い顔だった。そこへ都の父親がやってくる。

 

 ウチの娘は、大阪へは行かせんけん。

 

 

都の父親は、岡山の紡績工場で働かせるつもりだった。でも、都は踊りで生きて行きたかった。

 

工場より踊りで稼ぎたいがね。こげな夢もう二度と見られんかもしれけん。お願い大阪へ行かせてこしなえ。

 

都は、無理やり連れて行かれる。

好きな藤吉と生きて来れた幸せ

 てんと藤吉は、京都の儀兵衛のことを思っていた。

 

父親が手塩にかけて育てた娘を守りたい気持ち、子がいる今なら分かります。

 

てんは、都の夢を叶えさせてあげたかった。

 

てんは、後悔してへんか?

 

 

するわけないですやろ。好きな藤吉はんと生きて来れた。こない幸せなことありまへん。

 

藤吉は、てんと結婚したときの気持ちでお願いすることになった。

父親は静かに見送った

  

娘さんを私ら夫婦に任せてもれえまへんやろか?

 

てんは女子寮を作ることを考えていた。朝起きてから夜寝るまで面倒を見る。

 

ウチらは、芸人さんは皆家族やと思ってます。

 

藤吉は、大阪に行かせて良かったと思えるようにすると約束した。

 

ウチらの娘は、必ず幸せにしてみせます。

 

 

どうか都さんを大阪に行かせてあげて下さい。

 

 

私が大阪に行くの許してこしなえ。

 

都の父親は、戻る家はないと思って行けと言い出す。都の背中をさすった。てんは優しく肩を支えた。

 

がんばろうな。

 

 朝ドラ「わろてんか」第74回感想

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です