朝ドラ「わろてんか」第88回あらすじと視聴率!伊能・高橋一生の優しさはどこに向けられている

f:id:dreams3359:20180117204033p:plain

隼也は藤吉の側で眠ってしまう。目覚める様子がない藤吉に付き添っていた。
第88回は、藤吉の意識が戻った。てんの祈りが伝わった。笑い声は元気をもらえる。

 ドラマ「わろてんか」第88回視聴率

  第16週「笑いの新時代」第88回が1月17日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第88回 あらすじ(1/17放送)

やっと目覚めた藤吉

隼也は、冒険家のリンドバーグのちらしを持っていた。リンドバーグは、ニューヨークからパリまで単独無着陸の飛行をしていた。

 

僕も冒険がしたい。お父ちゃんを超えたいんや。

 

てんは、やっぱり藤吉の子どもだと思った。てんの笑い声に藤吉が反応した。

 

てん、てん。

 

藤吉が倒れてから3日目のことだった。医者は、大きな後遺症は残らないと言った。

 

お父ちゃん、大丈夫か?

 

てんは、芸人たちやリリコ、伊能も来たことを話した。

 

どうりでうるさいわけや。

 

移り変わろうとしている時代の波

 てんは、「南地風鳥亭」に顔を出すことができた。藤吉の無事を伝えると明るい声が響いた。風太はラジオを運んでみたらどうかと提案する。

 

それええな、後でウチが運んでおきます。

 

大阪中央放送所の中川がやってくる。

 

月ノ井団子師匠をラジオに出してもらえませんか?

 

ラジオも娯楽番組を流したい。そのために団子の落語が必要だった。風太は怒り出す。

 

ラジオで落語を流したら、寄席に客がきいへんようになる。

 

藤吉がいない間に時代が移り変わろうとしていた。

寄席に行けない人にも笑いが届く

  

もし、落語がラジオで聞けるようになったら、どない思います。

 

藤吉は、会社が潰れてしまうと言い出す。

てんの妹・りんと母親・しずが病院にお見舞いに来た。

 

夫婦水入らずで過ごせる休みをもろた思たらよろしおす。

 

てんと藤吉は、ずっと走り続けてきた。少し休んではどうか?そういう時期なのかも知れない。

「マンマン」では、月ノ井団子が大阪中央放送所の中川に会っていた。

 

ラジオやったら、山奥に住んでる人も家にいて落語を聞くことが出来るんです。

日本中の人がお腹を抱えて笑う日が来る。

 

おもろいな、なんぼや?ラジオに出たらなんぼもらえますんや?

 

日本中で笑う声が聞こえる

 風太は、月ノ井団子の家にいた。団子は、寄席から噺家を締め出そうとしていることを知っていた。それは風太のことだった。

 

落語はもう見たらあかん。

 

自分の落語で日本中で笑う声が聞こえる。話には夢があった。

 

社長やったら喜んだかもしれんしな。

 

月ノ井団子には、会社に借金があった。風太は、ラジオに出るなら金を返せと言い出す。

 

ない袖はふれません。

 

風太は、団子の家にあるモノに差し押さえの札を貼る。

弱気な藤吉に伊能がカツを入れる

 藤吉は、病院で歩く練習をしていた。なかなか上手く歩くことはできない。左手も上手く動かすことも出来ない。そこへ伊能がやってくる。

 

ひとりでおったら、何かこう不安になってな。もしかしたら、ちゃんと歩けんかも知れん。仕事もできんかも知れん。

このままやったら、てんに迷惑かけるかも思うと怖いんや。

 

伊能は、藤吉に二度と言うなと伝える。

 

おてんさんは、どんな気持ちで君の看病していたか、分かるか?

 

てんは、藤吉が戻って来るのを信じて笑っていた。今の藤吉に必要なのは強さだった。伊能にはそれが分かった。

 

いいか必ず歩け、這ってでも歩け。おてんさんを悲しませるな。

 

 

分かった、約束や。ありがとうな。

 

伊能は、藤吉の手を強く握った。てんと藤吉を思う優しさだった。

朝ドラ「わろてんか」第88回感想

てんと藤吉は、日本中に笑いを届けるのが夢だった。ラジオで落語を流すことは、寄席に来ることができない人も笑うことができる。

藤吉は、それをどう思うのか?これからの展開に期待が高まる。

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です