【BG~身辺警護人~】第2話あらすじと視聴率15.1%!裁判官が狙われる逆恨み事件の真相は

f:id:dreams3359:20180129150935p:plain

キムタク主演のドラマ「BG~身辺警護人~」は、初回から15.7%と高視聴率を出した。依頼された人を守るボディーガードのをキムタクが演じます。

第2話は、「裁判官夫婦の裏の顔 48時間の命…脱出確率0%の壁!!」が放送されました。

ドラマ「BG~身辺警護人~」第2話視聴率

 テレビ朝日ドラマ「BG~身辺警護人~」の第2話の視聴率は、15.1%でした。初回から少し落ちてしまったが、二桁をキープしている。

キムタクは、カッコイイ役が似合っている。今まで見せたことがない、アクションに挑戦しているところも話題です。

ドラマ「BG~身辺警護人~」第2話あらすじ

 裁判官の妻

 

 島崎章は、ひとり息子と一緒に暮らしていた。靴は脱ぎっぱなし、洋服も脱ぎっぱなしにイラついていた。

「赤羽老人ホーム殺人事件」の松川八重子被告に判決が下ろうとしていた。裁判官は、行永辰夫だった。

行永の家では、妻の亜佐美の自転車が燃やされる事件があった。判決への脅迫行為とみなされていた。

 

行永裁判長には、警視庁のSPがつくことになりました。ですが、ご家族に警護対象とはなりません。

 

BGには、行永から妻の警護の依頼があった。レベル3の特別手当が出ることになった。

ボディーガードは武器を持たない

 行永の家には、警視庁のSP落合がいた。亜佐美は、狙われているのは自分ではないから必要ないと言い出す。なぜ、裁判官の家が知られたのか?

 

何かあったら余計なことをせずに警察に助けを求めて下さい。

 

亜佐美は、ボディーガードが武器を持たないことに納得していない。章は、燃やされたのが亜佐美の自転車だったのが腑に落ちない。

 

行永裁判長ですよね、あの女を無罪にしないで。

 

松川八重子被告に殺された被害者の家族だった。

 

いつもありがとうございます。

 

亜佐美は、赤い靴を買った。美容院にも行った。

 

1時間だけひとりにしてくれる?人に会いたいの。

 

亜佐美は、三上勇作に会う約束をしていた。都心のマンションに引っ越すための相談にのっていた。

行永の狙い

 三上と何かあったのでは?章の直感が働いた。

 

ご自宅を放火された時、燃やされたのは自転車だったんですよね。あれは奥様のですよね。

 

亜佐美は、イラついていた。章は怒らせてしまって、クビになってしまう。章は行永に会いに行く。

 

つまり、その不動産会社の方と会った後、妻の様子がおかしくなったということですね。

 

行永は、亜佐美が男に会っているを知っていた。

 

違っていたらすいません。もしかして、奥様の不倫いや行動を知りたくて我々ボディーガードを雇ったんですか?

 

裁判官である行永は、妻の素行調査をお願いすることは出来なかった。裁判のために妻を自宅に連れ帰る、19時がデッドラインだった。

過去の判決への逆恨み事件

 亜佐美がスーパーからいなくなった。章は、トランクルームの「レガーロ成城」に向かう。そこには、バッグや靴が大量に保管されていた。

「府中ストーカー事件」の判決は、執行猶予がついた。その被害者が三上の妻だった。三上の妻は、心を病んで死んでしまう。その復讐だった。

 

彼は、旦那さんが判決を言い渡した事件の被害者家族です。きっと全てを知った上で近づいてきたんでしょう。

 

亜佐美の頬には涙が流れる。知りたくなかった、でも騙されたことは事実だった。章は、亜佐美をエレベーターに乗せる。

 

故障じゃありませんよ。

 

三上は、エレベーターを動かしていた。

 

どうしても確かめたいんです。自分の妻が死んでも、冷静に判決を下せるのか?

 

エレベーターが開いた。そこには、ハンマーを持った三上がいた。

 

加奈子は死んだんだ。もう、戻ってこないんだよ。

 

章は、エレベーターの中で三上と格闘する。そして、首を締め上げる。三上は意識を失いそうになる。

 

かなこ~、かなこ~。

 

 

その人、その人も被害者なんだよ。

 

あなたは間違っていない

 行永の元に亜佐美が戻った。

 

どんな顔したらいいのか分からない。

 

警視庁SPの落合が皮肉を言う。

 

尊敬もうしあげますよ。買い物から密会ま付き合い、殺されかけた挙句、夫婦関係の相談にまでのるとは。

 

ボディーガードはサービス業だった。

 

武器なんかない方が強くなれる。そう言っただけです。

 

行永は嘘をついた。妻が他の男に会っていて、心が乱れないわけがない。裁判官だって感情的になる。

 

ごめんなさい。

 

 

私のようなものが人を裁いていいのかな。

 

 

あなたは間違ってない。私は知ってる。

 

亜佐美は、真っ赤な靴を見せた。慎ましく生きなければいけない。裁判官の妻としてのストレスは誰にも分からない。ふたりは泣いてしまう。

ボディガードはいつ死ぬか分からない

 高梨が戻って来ることになった。自分が警護課を背負うことにした。本当は何がしたいのか章には不思議だった。

章が尾行される。その車には、立原愛子が乗っていた。

 

先日はありがとう。プライベートな警護お願いできませんか?SPに知られずに会わなければいけない人がいるんです。

 

章は会社を通すように言う。自宅に戻ると瞬がソファーで寝ていた。

 

またボディガード始めたからなんだ。いつ死ぬか分からないから。

 

瞬は気づいていた。

 

おやすみ。

 

 

ああ。

 

不器用な親子は、過去に囚われていた。サッカー選手のボディガードをしていた章は、いったい何をしたのか?

ドラマ「BG~身辺警護人~」第2話感想

いや~面白かったな~。失敗が許されない世界で生きる男のカッコよさが伝わってきました。裁判官だって嫉妬くらいする。

人間味あるドラマの展開に期待が膨らみます。石田ゆり子は、いったい誰に会うのだろうか?

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です