朝ドラ「わろてんか」第141回あらすじと視聴率20.7%!高橋一生のラストダンスがすてき

 

f:id:dreams3359:20180326102040p:plain

伊能は、アメリカで映画の勉強をすることになった。てんと風太は、無事を祈って乾杯した。おトキはレコードをかける。

第141回、てんと伊能のラストダンス、戦争の真っただ中に伊能はアメリカに向かった。

ドラマ「わろてんか」第141視聴率

  第25週「さらば北村笑店」第141回が3月20日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.7%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第141回 あらすじ(3/20放送)

てんと伊能のラストダンス

 

伊能は、「北村笑店」の社員のままアメリカに行く。てんと風太、おトキはお祝いをした。

 

どうだろ、俺と踊らへんか?

 

おトキと風太は、ふたりで踊りだす。

 

おてんさん、僕らも。

 

てんと伊能も踊りだす。まるで恋人同士のようだった。そして、伊能はアメリカに行ってしまった。

ついに出来上がった「お笑い忠臣蔵

 

「お笑い忠臣蔵」の映画が出来上がった。

 

伊能さんもきっと喜びはるわ。

 

昭和15年3月、「芸名統制令」が出される。内務省から洋風の名前は使ってはいけないと言われる。キースは、舶来屋喜助。アサリは潮浅利になった。

 

コンビ名は喜助と浅利や。

 

リリコは、凛々子と四郎になってしまった。

昭和16年(1941年)12月、太平洋戦争が開戦になった。日本はアメリカに連戦連勝していた。

 

伊能さん、大丈夫やろか?

 

リリコは、てんに会いに来ていた。

ドイツのワグナー「二人でお茶を」

 

芸人たちのところに赤紙が届いていた。てんは、ふたりに餞別を渡した。

 

これは羊羹や。

 

配給ばかりで甘いものは、食べられなかった。ふたりは嬉しそうに受け取った。

 

しっかりお勤め果たして、また高座に帰って来てや。

 

隼也は、藤一郎と遊んでいた。つばきは、「二人でお茶を」口ずさんでいた。3人で踊っていると、近所の人から文句を言われる。

 

あんたたち、何を唄っている。アメリカの歌か?

 

それは、ドイツのワグナーの歌だった。

 

アメリカ相手に、いつまで戦うきやろ。

 

台本を書いても誰もいない

 

万丈目は、芸人たちの台本を書いていた。芸人たちのところへ、また赤紙が届いていた。

 

この調子で若いもん兵隊にとられてたら、寄席が立ち行かんわ。

 

台本を書いても、芸人が戦争に行ってしまう。万丈目は、無駄になってしまう台本を書き続けていた。

 

ワテが台本書いたら、その芸人みんな兵隊に行ってしまうんです。何でですやろ。もうちょっとやさかい。

 

万丈目は、倒れてしまう。

 

夢見てたわ、若い連中が先生、先生いうてワテの台本待っててな。けど、書き終わって楽屋持って行ったら、誰もおらへんのや。

 

歌子は、万丈目を休ませて欲しいと言う。

 

ウチらも、もう年や。一緒に奈良の十津川に戻ろう。ゆっくり温泉にでもつかったら、今よりもっと新しいええもんが書けるかもしれへんで。

 

てんは、「北村笑店」のためにも休んで欲しいとお願いする。

 

楓くん、たのんだで。

 

全ては戦争のせいだった。万丈目と歌子は、大阪を去ることになった。

朝ドラ「わろてんか」第141回感想

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です