朝ドラ「わろわろてんか」第142回あらすじと視聴率19.6%!大きな時代の波に飲み込まれる風鳥亭

f:id:dreams3359:20180326103638p:plain

 

昭和18年(1943年)1月、「北村笑店」が買い取った通天閣が火事で焼け落ちてしまう。てんにとっての試練のときが始まってしまった。

第142回、「風鳥亭」は大きな時代の波に飲み込まれようしていた。その歴史の深さをてんは噛み締めていた。

ドラマ「わろてんか」第142視聴率

  第25週「さらば北村笑店」第142回が3月21日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.6%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第142回 あらすじ(3/21放送)

「北村笑店」が壊されてしまう

 

「北村笑店」では、従業員が買い出しに行っていた。カブやジャガイモ、ゴボウもたくさん買った。そこへ大阪府庁がやってくる。

 

私は、買い出しの取り締まりにきたんやありません。

 

空襲による被害を防ぐために「建物疎開」をすることになった。寄席を閉鎖して取り壊すことになってしまう。

 

藤吉っあん魂こもったこの小屋、壊せるワケないやろ。

 

てんは、粘り強く掛け合うと約束する。

北村の心の火は消えない

 

隼也のところには、大家がやってきた。

 

役所からの通達です。この長屋が「建物疎開」することになりました。

 

ひと月以内に立ち退くことになってしまった。

 

お国のため、喜んで協力するんじゃないか。この非国民が。

 

風太は、藤吉の遺影に頭を下げた。

 

取り壊しは撤回できんかった。

 

てんは、風太にお礼を言う。

 

寄席が消えても、北村の心が消えるわけやない。藤吉はんやったら、きっとそう言わはるわ。

 

寄席から笑い声が消えてしまった

 

「北村笑店」は、荷物を整理することになった。芸人の名前が書かれた木札を外すことになった。キースと四郎は、なかなか整理ができないでいた。

 

ぎょうさん思い出がありますさかい。

 

リリコは、寄席のすみで座っていた。

 

笑い声が聞こえへんな。ウチらがここで漫才してたのが夢のようや。

 

楓は、万丈目の台本を預かりたいと言い出す。

 

いつの日か再演して欲しい、思うてます。

 

てんは、また大阪中に笑い声を響かせたいと思った。

歴史の幕を閉じた「南地風鳥亭」

 

「北村笑店」の家訓、始末・才覚・算用そして人財の掛け軸が外されようとしていた。

 

これを外すときが来るやなんて。

 

ここまでやってこれたのは、家訓のお陰だった。

 

おおきに、ありがとうございました。お母さん、藤吉はん、すんません。けど、笑いの火は決して絶やしません。

大阪で笑いの殿堂と名を轟かせた「南地風鳥亭」は、その歴史の幕を閉じました。大きな時代の波に飲み込まれようとしていた。

 

残った寄席は、天満風鳥亭と4軒だけや。けど芸人らは大忙しで頑張ってるわ、安心せえ。

 

風太は、藤吉に報告した。飛鳥は、すっかり大きくなって兵隊のために軍服を作っていた。大阪市役所の人間が訪ねてきた。

 

北村隼也さんの召集令状です。おめでとうございます。

 

それは、隼也あての赤紙だった。

朝ドラ「わろてんか」第142回感想

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です