【アンナチュラル】第2話あらすじと視聴率!自殺志願者を狙う悪魔の手はネカマのしわざだった

f:id:dreams3359:20180120155203p:plain

法医学ミステリードラマ「アンナチュラル」は、石原さとみ主演で放送されている。三澄ミコトは、遺体の声をきくあまり、ずっと付き合ってきた彼氏にふられてしまう。

第2話、「死にたがりの手紙」が放送されました。

 ドラマ「アンナチュラル」第2話視聴率

  法医学ミステリードラマ「アンナチュラル」、第2話の視聴率は分かり次第報告します。

ドラマ「アンナチュラル」第2話あらすじ

練炭による集団自殺

三澄ミコトは、一家心中事件が起こった現場に向かった。一戸建てに住む家主は、4人を道連れにして集団自殺をしているかのようだった。

ミコトって練炭のエキスパートなんですよ。

自殺したと思われる4人は、肌がサーモンピンクになっていた。それは一酸化炭素中毒のと特徴だった。

 

検視官って? 

 

臨場は内野さん。

身分証明書が見つかった。4人は赤の他人だった。ひとりの女性の手首には、縛られていた跡があった。

家主の佐藤正一は、妻と離婚していた。羽村今日子は、夫に浮気されていた。佐伯初子は病気で苦しんでいた。あとひとりの身元は分からなかった。

ユキオトコノイ タスケテ花

 

自殺事件があった家主は、「自殺志願者 交流サイト」にアクセスしていた。ミコトは、身元が分からない女性を凍死と判断した。

 

心室が赤いのに比べて、右心室が暗い。左右の死期調査が明瞭です。凍死です。

 

胃の中から紙切れが見つかった。

 「ユキオトコノイ タスケテ花」、ダイイングメッセージは、凍死する直前に飲み込まれていた。

UDIラボで胃の内容物を調べることになった。

 

科捜研で調べるんじゃないんだ。

 

 

沢口靖子は忙しいの。

 

三澄ミコトは、練炭の自殺の被害者だった。その事を論文にしている。

女性の胃の中には、ジャガイモ・キュウリ・ニンジン・レタス・パン・ノリ・コメ・ニクが見つかった。

遺体が伝えようとしていること

 

松倉花には、捜索願が出されていた。両親が遺体確認にやって来る。

 

人違いです。娘じゃありません。

 

母親は、花を自分の思い通りにしようとしていた。そのために家出をしていた。

 

一家心中によくあるじゃないですか。子どもだけ残したら可哀想だから殺してあげる。それと同じです。

 

ミコトは、練炭自殺の部屋の測定値の低さが気になった。そこから考えられることは、一度ドアを誰かが開けていることだった。

 

どこで凍らされて何を伝えようとしていたんだろう。

 

マイナス20℃冷凍車

 

ミケという名前で働く女性は、ネットカフェで生活していた。身寄りがない女性で死にたがっている、警察は事件を終わらせたかった。

 

待ってください。助けてっていう彼女の言葉は?生きてるときも助けられず、死んでからも見なかったことにするんですか?

 

ミコトは、久部と一緒に有鹿温泉に行くことにする。女性の髪についていた塩の濃度が近いこ、牛肉よりもグリコーゲン地が高い鹿肉が置いてあった。

 

ちょっと量が多いね。

 

オリジナルの鹿肉おにぎりとサンドイッチがある店が見つかった。そこから2km先には冷凍倉庫があった。

 

マイナス20℃の走る冷凍庫。

 

ダイイングメッセージの切れ端

 

冷凍車の近くには、温泉が流れていた。ミコトと久部は冷凍車の中に入る。そこには結束バンドがあった。

 

誰かと分け合って食べていたとしたら。

 

ミケが書いたメモの続きがあった。“花がいる”それは、一緒に監禁された花がどこかにいるというメッセージだった。

冷凍車にいるときに何者かにドアを閉められてしまう。冷凍車からは、冷たい風が流れてくる。

自殺サイトの運営者が突然サイトを閉じた。警察は、不審に思って訪ねる。ネットには、やばいネカマが訪れていた。

 

ユキって名乗ってて。SNSでも女のふりをして、死にたがってる女見つけては声かけてたみたいです。

 

人間は意外としぶとい

 

ミコトと久部は冷凍車にとじ込まれたままだった。ミコトは、UDIラボに連絡をする。すると中堂が出た。

 

犯行現場か?

 

トラックごと水の中に落とされてしまう。大沼悟の名前が入った納品書が見つかった。ミコトは、やっと伝えることが出来る。

 

水の中です。トラックごと沈められて。

 

中堂は必死に考える。アルカリ濃度で分かること。ミコトが伝えてきた情報だけが頼りだった。

 

人間は、意外としぶとい。

 

トラックは、完全に水の中に沈められた。

ここを出て白夜を見に行く

 

久部は、ミコトの練炭の話を聞く。

 

女の子はどうして生き残ったんですか?母親は、娘だけは助けようとしたんですか?

 

 

そんないい話じゃない。母親は娘に練炭を炊くのを手伝わせている。それが終わると、睡眠薬を渡してこれを食べてここで寝なさいと言いつけた。

 

ミコトは、久部を巻き込んでしまったことを後悔していた。

 

巻き込んでごめんね。明日の夜あいてる?美味しいご飯食べに行こう。

 

中堂は居場所を特定した。ミコトと久保は助けられた。大沼悟もつかまった。大沼の家からは、松倉花が見つかった。

 

北の方の国にあるんだって、1日中日が沈まない国。行こうよ、ここを出られたら。ここを出て白夜を見に行く。

 

ミケの遺体は、荼毘にふせられた。

 

いつか行きます。絶対行きます。

 

UDIラボのネズミ

 

三澄ミコトは、中堂のおかげで助かった。中堂は、亜硝酸窒素の濃度から貯水池を特定していた。

 

山の中で、あれだけの濃度があると近くに牧場があると推定される。

 

ミコトは、中堂を焼肉に誘う。

 

俺に感謝しているのか?なら話かけるな、ばかが。

 

久部のスマホが鳴る。それは、週刊ジャーナルの末次からだった。

 

久部?あ~UDIのネズミか?

 

久部は、週刊ジャーナルに記事をこっそりのせていた。スパイだったのか?

 ドラマ「アンナチュラル」第2話感想

 

ドラマの中にちょいちょい入ったセリフが面白かった。臨場は内野さん、沢口靖子は忙しいの。臨場や科捜研はテレビ朝日の作品です。

TBSの番組ではないのに自由だな~と思いました。ドラマの局を超えた作品は、たくさんの人に見てもらいたい。

第2話は、生きることの大切さを教えてくれました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です