【半分、青い】117回あらすじと視聴率!失った夢に火を灯す

鈴愛と仙吉の作った五平餅は、同じ味だった。仙吉は合格点を出した。そこへ、花野が帰ってきた。

第117回、鈴愛がマンガ家であったことを隠したい理由。それは、途中でやめてしまったカッコ悪さだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」117回視聴率

第20週「始めたい!」第117話が8月15日(水)に放送されました。気になる視聴率は、20.7%でした!

朝ドラ「半分、青い」117回 あらすじ(8/15放送)

花野「一瞬に咲け」を見る

花野は、律から借りたマンガ本を持っていた。

あの子、いま手に何か持っていた?

ママのマンガ、カンちゃん読めないから見てる。

鈴愛は、律に抗議の電話をする。

何でカンちゃんにばらした。隠しておきたかった。

鈴愛は、マンガ家としてドロップアウトした自分を知られたくなかった。

カンちゃん言っとったぞ。ママに絵かいてもらったことないって。

マンガ家として絵を描きだしたら本気になるのが怖い。ただモノじゃないと思われたくもなかった。

ただもんじゃないじゃん。「一瞬に咲け」、名作だよ。

マンガ家として生きてきたことに触れられたくなかった。

まだそこか、まだそこにいるんか?

鈴愛は、誰にも言って欲しくないひと言を律に言われた。怒って電話を切ってしまう。

大人になんてならない、ずっと子どものままや

喫茶「ともしび」では、ブッチャーと草太が飲んでいた。ブッチャーはひどく酔っていた。

鈴愛は、広告の裏にマンガを描いてみる。本当に久しぶりにマンガを描いてみる。

つぐみや。カメ子や。

その様子を仙吉が見ていた。

さすが上手やな。絵、描いてやったらええやんか?喜ぶぞカンちゃん。

鈴愛は、辞めてしまったことをカッコ悪いと思っていた。仙吉は、マンガ家として頑張って来た鈴愛の姿を見てきた。

お祖父ちゃんは、お前が頑張ったのよう知っとる。お前の気持ちもよう分かる。

仙吉は、カツ丼のせいで五平餅を作るのをやめてしまった。すねていた。

まぁええか、作らんでもええかってなるわ。

人間ていうのは、大人になんてならない。ずっと子どものままだ。競争したら勝ちたい、人には好かれたい。お金は欲しい。

お前が2号店って言ってくれて、お祖父ちゃんの五平餅作るって言ってくれて、嬉しかった。

始めたことに意味がある。続けてきた時間に意味があった。

ママ、カンちゃん感動した

鈴愛は、花野のために大きな犬の絵を描いた。

カンちゃん。

花野は、「一瞬に咲け」を宇太郎に音読してもらっていた。

お父ちゃん、何やっとる。

鈴愛は、恥ずかしいからとマンガを取り上げようとする。

ママ、カンちゃん感動した。

ずっとヒミツを抱えたまま生きて行くことなどできない。律に感謝することが1つ増えてしまった。

朝ドラ「半分、青い」117回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です