「半分、青い」第20回あらすじと視聴率20.9%!鈴愛に寂しい思いをさせない律の優しさ

「ぎふサンバランド」は、建設が中止になってしまった。1989年バブル崩壊の危機が迫っていた時のことでした。

第20回、鈴愛のことを何でも知っている律が憎らしい。でも頼もしいとも思ってしまう。

ドラマ「半分、青い」第20話 視聴率

第4週「夢見たい!」第20話が4月24日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

ドラマ「半分、青い」第20話 あらすじ(4/24放送)

こばやんは、もうないんや

「青山セントラルリゾート開発」の小倉瞳は、商店街の人に挨拶をしにきていた。

五平餅、食べて行きなさい。今焼いてやる。

仙吉は、瞳のために五平餅を焼いた。鈴愛は、バス停で小林くんを待つが来なかった。

やっぱりもう、こばやんはないんだと思う。

鈴愛は、菜生に手紙を渡すが先生に見つかってしまった。もうすぐ夏休み、4人で遊ぶのが毎年の恒例になっていた。

最後の夏に4人はバラバラになった

鈴愛は、フランソワに干しエビを差し入れした。

受験勉強?

律は、東大を目指していた。ブッチャーも大学に行く、菜生は専門学校に行くことが決まっていた。

就職するよ、もう勉強したないし、あんまり家お金ないし。

家にあるお金は草太のために使った方がいい、鈴愛は思っていた。

また金華山のロープウェイと思っとたのに。来年はない、来年はバラバラや。

律は、セピア色の写真を鈴愛に渡した。

鈴愛に寂しい思いをさせない律の優しさ

律は、鈴愛に秋風羽織のマンガ本を渡した。

スズメも新聞部のこばやんに借りたの?

楡木家は、一瞬シーンとなった。晴は、鈍いところがあった。「いつもポケットにショパン」は、鈴愛の心を癒してくれた。

私は、風に吹かれながら秋風羽織を読んだ。律は、少しずつマンガ本を貸してくれた。それは、ほんの少しでも律に会える優しさからだった。

空が青い。

9月からは、就職試験が始まってしまう。鈴愛は、階段にある窓から見える空が好きだった。

楡木さん、楡木鈴愛さん。

就職試験の当日、鈴愛はすべって転んでしまった。

朝ドラ「半分、青い」第20回感想

子どもでいられる最後の夏、鈴愛はマンガの世界にハマった。それが未来を変えるなんて、この時はまだ感じていないんだね♪

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です