「半分、青い」第19回あらすじと視聴率19.3%!永野芽郁の拷問オタクが話題になった

鈴愛(永野芽郁)は、明治村でデートすることになった。西高に通う小林くんは、通学途中で会う鈴愛のことが前から気になっていた。

第19回、鈴愛のことを何でも知っている律が憎らしい。でも頼もしいとも思ってしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「半分、青い」第19話 視聴率

第4週「夢見たい!」第19話が4月23日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.3%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

ドラマ「半分、青い」第19話 あらすじ(4/23放送)

僕スズメさんの左耳になります!

鈴愛がデートしているとき、律は家の中でフランソワと遊んでいる。

お母さん、何でフランソワなんて名前カメにつかたの?こいつ自分のこと外人だと思っとる。ねぇおかん。

和子は、家の中にいて何もしようとしない律を起こってしまう。

あんた、遊びに行くか勉強するかしなさい。

鈴愛は、左耳が聞こえない話をする。片方が聞こえないと音の方向が分からなかった。

さっきキョロキョロしてるの可愛らしいな~って。僕、スズメさんの左耳になります。

落語が好きな小林くん

律は、カメの甲羅干しをしながら勉強していた。電話が鳴って、和子が出る。

なに話したらいい?小林くんもしゃべらん。

鈴愛は、律にデートの相談をする。カセットテープの話をしたらどうかと言う。

落語です。

子どもが生まれたときにお寺に名前の相談に行く。和尚は、縁起のいい名前を伝える。父親はその全ての名前をつけてしまった。

これ全部、人の名前なんや。ええ話やね。

喫茶「ともしび」では、晴・和子・宇太郎・弥一・幸子がいた。サンバルックの話の相談をしていた。

サンバルック300着。

幸子は、五郎が騙されてと思っている。

つけ耳にビックリする小林くん

律は、鈴愛のデートのことが気になっていた。その頃、鈴愛たちはお昼ご飯を食べることになっていた。鈴愛は、つけ耳を取り出す。

私、音が聞きずらいのでコレ。

小林くんは、つけ耳に驚いている。でも、何も言えなかった。

だから私は何も知らないって。

「青山セントラルリゾート開発」の小倉瞳は、サンバルックの話を何も知らなかった。幸子が持っていたのは、発注前の見積もりだった。

請求書やと思いこんだ。

運命の人やなかった

鈴愛は、金沢監獄を見て興奮する。

世界の拷問機具とか目がないです。ひとついい拷問機具が思いついたんですけど。

そう言って小林のメモに書き出した。小林は、つけ耳がどうも気になって仕方ない。

別れる時、また電話するよって言ってたんやけどね。

喫茶「ともしび」では、律・菜生・ブッチャー・鈴愛の4人でお好み焼きを食べる。

ホテルのレストランでつけ耳つけたんやよね。さて鈴愛の何がいけなかったのでしょう?

もう電話はかかってこんな。鈴愛お前はもうすでにフラれている。

鈴愛は、ホラーが苦手なくせに監獄は好きだった。

スズメは、お化けのいないお化け屋敷が好きなんだよ。

鈴愛は、律の冷静なところにムカついた。律のお好み焼きを奪い取ってしまう。

朝ドラ「半分、青い」第19回感想

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です