「半分、青い」第25話あらすじと視聴率17.4%!鈴愛の才能にプロも絶賛した

鈴愛は、「秋風羽織のトークショー」に行くことになった。五平餅を差し入れると美味しいと気に入られてしまう。

第25回、憧れのマンガ家・秋風羽織に会う。鈴愛は、自分のマンガを見せることができた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「半分、青い」第25話 視聴率

第5週「東京に行きたい!」第25話が4月30日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、17.4%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

ドラマ「半分、青い」第25話 あらすじ(4/29放送)

秋風羽織に漫画を見せる

秋風羽織は、五平餅を気に入ってしまう。鈴愛は、直接会ってお礼を言われる。

美味しかったです。売れますよ。

鈴愛は、一緒に写真を撮って欲しいお願いする。

あの先生、私マンガ書いてるんです。今日、持ってきてるんです。

スケッチブックに書いたマンガを見せる。

画用紙に鉛筆でマンガが書いてある。

スクリーントーンも知らない未来のマンガ家

鈴愛の知識のなさに秋風羽織は、呆れてしまう。

律くんだっけ、この人バカなの?だってコレ、トーン。スクリーントーンみんな手で書いてある。

律は、スクリーントーンのことを知っていた。それでいいと思っている鈴愛には何も言わなかったのだ。

タジョ。

秋風羽織は、律を見てそういう。映画「ベニスに死す」に出てくる美少年の名前、美しい少年を見るとタジョと呼ぶ。

マンガは、ネームといってストーリー考えて、だいたいの下書きをする。そして鉛筆で下書きをする。ペン入れをして完成する。

君、マンガ書くの初めて?天才?

秋風は、鈴愛に興味を持ってしまったようだ。

楡木鈴愛さん、私の弟子になりませんか?

天才が変人なのは当たり前

鈴愛と律は、喫茶「ともしび」で作戦を練ることにする。

このプロジェクトは、説得の順番がカギや。

律は、何も考えずにマンガ家になると言う鈴愛が心配になる。秋風羽織は変人だ、もう一度ちゃんと考えた方がいいと話す。

律、天才が変人なのは当たり前や。

マンガが出来上がるところを見ることが出来る。夢の世界が作られる瞬間を見ることが出来る。それだけで幸せだと思った。

私は、秋風先生のマンガで世界を知った。絶対に行く、東京に行く。農協で野菜は売らん。私は、マンガ家になる。

何かお前すげーな。もうアホなんか天才なんか分からん。

鈴愛の想いは、もうすでに東京にあるのかも知れない。

東京に行くマンガ家になる

秋風羽織の秘書は、サル1匹拾ってきたことが反対でした。

まさか五平餅、目当てじゃ。

鈴愛は、就職祝いのパーティまでやってもらった。誰にも言い出せないでいた。家に戻ると新しいスーツが出来上がっていた。

ほら着てみて。

鈴愛のスーツ姿を見て、晴は嬉しそうに笑った。

お母ちゃん、私農協には勤めん。明日にでも農協行って内定取り消してもらう。鈴愛は東京に行く、そいでマンガ家になる。

朝ドラ「半分、青い」第25回感想

見逃した方はこちらから⇨ドラマ観るなら<U-NEXT>


スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です