【半分、青い】72回あらすじと視聴率20.6%!律の懐かしい声は鈴愛の右側を守ってくれた

裕子は、秋風のところからお嫁に行く。秋風は、娘を送り出すような気分で嬉しかった。

第72回、鈴愛の律への溢れる想いが重なる。運命の想いはどこまでも残酷なのか?

朝ドラ「半分、青い」72回 視聴率

第12週「結婚したい!」第72話が6月23日(土)に放送されました。気になる視聴率は、20.6%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」72回 あらすじ(6/23放送)

律に会いたい!

岐阜では、貴美香の還暦パーティーを開催しようとしていた。

律もくるよ。

鈴愛と律は、5年前の七夕に別れてから会っていない。鈴愛は、律に会いたくて帰ることにする。

ブッチャーは、金持ちやで。名古屋でひとり暮らしや。

菜生は、名古屋のデパートの靴売り場。ブッチャーは、名古屋の建設会社で働く。律は、京都の大学院に進んでいた。

スズメは、マンガ家先生や。一番の出世頭や。

鈴愛は、サインを頼まれていた。草太は、大学を卒業してから名古屋のレストランで働いていた。

レダハーのドレスは律のため

鈴愛は、草太の部屋に向かう。

食堂、お客さん減ったやろ。姉ーちゃんは、お気楽やな。

草太は、姉の自由な行動が羨ましかった。マンガ家の生活が大変なのは知っている。

みんな見とってくれて、ありがとな。

鈴愛は、マグマ大使の笛を持って来ていた。明日は、律に会える。

次の日、レダハーのドレスを着ようと思っていた。それを草太が洗濯してしまった。

草太、洗濯機回したやろ。

鈴愛は、草太を殴ってしまう。

律の夢と鈴愛の夢

鈴愛は、レダハーのドレスを着ることができない。パーティーに行くことが出来ない。

あれは律くんやな。

当たり前や、律兄ちゃんに会うためのレダハーや。

招待状には、貴美香が取り上げた赤ちゃんの写真がのっていた。鈴愛は、走り出す。

遅くなってすいません、おめでとうございます。

律は、ロボットの研究で賞をとっていた。

スズメの夢やから叶えたって言っとった。19歳の七夕に短冊に書いた?

鈴愛は、七夕の日のことを思い出した。「律がロボットを発明しますように‼」

鈴愛の右側にあった温かい声

律は、夏虫の駅から京都に向かってしまう。菜生に車を出してもらう。

律の声がしていた。たとえ、どんな雑踏の中でも律の声を探し当てた。懐かしい君の声、君の声は私を包む。片耳しか聞こえなくても。

鈴愛が駅につくと律の姿があった。電車がきてしまう。

律。

鈴愛は、マグマ大使の笛を吹く。電車は走り出してしまう。律の姿はなかった。

スズメ。

律は、電車にのっていなかった。久しぶりに聞く律の声、久しぶりに見た律の顔、その全てが懐かしかった。

6月25日(月)からは、「仕事が欲しい!」がスタートします!

朝ドラ「半分、青い」72回感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です