ドラマ「ラブリラン」第2話あらすじと視聴率!さやか(中村アン)の不毛な片思いは届かないのか

南さやか(中村アン)は、3ヵ月の記憶を取り戻すことにする。翔平(古川雄輝)と一緒に暮らすことで記憶をたどることになった。

2018年の春ドラマ「ラブリラン」は、4月5日(木)日本テレビから放送スタートしている。主人公・南さやかを中村アンが体当たりで演じている。

主人公・南さやかは、デザイン会社で働く30歳になるが恋愛経験がなかった。ある日、記憶を3ヵ月失ってしまう。原作は、コミック「ラブリラン」です!

ドラマ「ラブリラン」第2話視聴率

ラブリラン第2話視聴率は、2.7%でした!第1話より-2.7%になってしまいました。どんな展開をみせるのか楽しみの作品です。

ドラマ「ラブリラン」第2話あらすじ

 記憶に光ネックレス

南さやかは、3ヵ月の記憶を失ってしまった。取り戻すために翔平と一緒に暮らすことにしていた。処女だった頃の記憶しかないから戸惑うことばかりだった。

ああいう事するのやめてもらえます。

翔平は、突然キスしたり後ろから抱きしめようとしたりした。それは、からかっているようにしか思えなかった。

さやかは、歩道橋を歩いていた。いきなり後から男に抱きしめられる。

さやかさん会いたかった。

藤崎隼人(市川知宏)は、美容師として働いていた。出会って意気投合してホテルに行ったと話す。

隼人のしていたネックレスに記憶が戻る。上半身はだかの男、胸には星の形のネックレスが揺れていた。

亮介との思い出

さやかは、「レジーナ化粧品」の合同コンペに参加していた。最終選考にまで残ってしまった。

私には無理です。

アシスタントの記憶しかない。でも、町田がフォローすることになった。

イラストレーターは、すぐに押さえておかないと。

そこへ亮介がやってくる。亮介(大谷亮平)は、プロポーズを断られていた。

記憶喪失?いつから覚えてないの?

さやかは、亮介に3ヵ月間の記憶がないことを話す。亮介は、高校の時にサッカーをしていた。県大会に出場が決まった年、さやかは大喜びした。

流星群みれば優勝できるってさ、一緒に見にいったんだよ。

亮介は、さやかの思いに答えるために無理をしていた。寒くて早く帰りたかったことを打ち明ける。

コンペを成功させたい!

翔平は、さやかがコンペに本気になっていない姿にイラついた。

今はフラフラしている場合じゃ。

さやかは、翔平にとって迷惑なら降りてもいいと言い出す。翔平は、さやかが3ヵ月頑張っている姿を知っていた。だからこそムカついた。

こんな偶然があるなんてね。

イラストレターは、亮介の恋人だった瑞希(片瀬那奈)だった。

キャラクターイメージは?

❝奥手で不器用なタイプ、日陰で生きる大人女子❞さやかは、自分と重ねるようなイメージを選んだ。そこへ亮介がやってくる。

何だ、さやかがいるなら言って下さいよ。

亮介は、瑞希に仕事の依頼をしにきたのだ。

さやかはズルい女

翔平は、さやかを「ホテルGATE」に連れて行く。その屋上では、流星群の展望会イベントがあった。

あんたは落ち込んでいるあいつを励まそうとして、ここに招待したんだよ。

亮介は、出張に出てしまい連絡が取れなかった。

昔からそう、亮ちゃんの幸せ願うふりをして違うこと考えてた。

いつかは振り向いてもらえるかも知れない、その微かな希望を信じていた。

だからこそ、あんたは好きでもない男と寝るような女じゃない。

さやかは、翔平との記憶が少しだけ戻る。翔平の言う「不毛」という言葉が記憶を戻した。

そうだったんだ。

翔平は、コーヒーを持って来てくれた。その頃、亮介は瑞希を呼び出していた。

不毛な片思い

次の日、隼人から連絡が入った。

会いたい。

さやかは、はっきりと断る。そこへ翔平がやってくる。隼人は翔平の知り合いだった。

高校の時の友だちだけど。

隼人の好きな人は、翔平のことだった。

もしかして、あなたが好きな人は。

さやかには、今でも好きな男がいる。その気持ちを隠しながら翔平と暮らしているのが許せなかった。

あんたがバカ女だからだよ。

さやかは、隼人を抱きしめてしまう。不毛な片思いを続けている隼人を自分に重ねてしまう。

ドラマ「ラブリラン」第2話感想

huluで見放題!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です