【まんぷく】14回あらすじと視聴率!立花さんを帰して欲しい福子の涙の願い

福子(安藤サクラ)は、萬平(長谷川博己)のことが心配でうなされてしまう。鈴(松坂慶子)は、咲のことだと思っていた。

第14回、福子にとって萬平は大切な人になっていた。その人を守るためには何でもできる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」14回視聴率

第3週「そんなん絶対ウソ!」第14回が10月16日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.9%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」14回あらすじ(10/16)

どうしても助けたい!

福子は、仏壇の中にいる咲(内田有紀)に話かける。

助けて咲姉ちゃん。

萬平のことを嫌っている鈴には、話すことが出来なかった。鈴は、克子に相談することにする。

保科恵(橋本マナミ)は、野呂と牧に言い寄られて困っている。福子は、萬平のことで頭がいっぱいだった。

もう言うてもどうにもならへんし。

恵は、福子の様子が変なのが心配だった。牧と野呂とで協力して、福子の悩みを聞き出すことにする。

福子は、親友のハナと敏子に会う。

行くよ。一緒に行くって約束してくれたやん。

福子は、憲兵のところに行くことに決めていた。

大切な人を返して下さい

萬平は、食事もとらずに堪えていた。

食えるか、そんな不味い飯。

憲兵は、食事をとらないのはハンガーストライキだと決めつけていた。

立花萬平さんです。取り調べを受けているんですか立花さんは?

立花さんを帰してください。あの人が悪いことなんてするはずありません。

雨の中、福子は憲兵にお願いする。

帰してください、お願いします。

牧と野呂は、身内が亡くなったばかりだから許して欲しいとお願いする。

僕はやってません。やってもないことを認めるくらいなら、僕は死んでもかまいません。

萬平は、ひとりで耐えていた。雨の中、福子がやっと帰ってくる。

福子さんからお母様に大事なお話が。

福子の様子が変だったのは立花萬平のせい、鈴は驚きを隠せない。

朝ドラ「まんぷく」14回感想

(記事内の画像出典:公式ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です