【まんぷく】15回あらすじと視聴率!萬平が生きる力を取り戻した不味い握り飯

福子(安藤サクラ)は、萬平(長谷川博己)の無実を訴えるため憲兵のところに行く。

第15回、福子は萬平への気持ちを強くしていた。この恋がダメなら一生一人でいると決めていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」15回視聴率

第3週「そんなん絶対ウソ!」第15回が10月17日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、22.8%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」15回あらすじ(10/17)

福子のかけがえのない人

福子の様子が変だったのは、立花萬平が憲兵につかまったせいだった。

福ちゃんが好きになった人が悪い人のワケがない。

フロント係の保科恵や親友の敏子とハナもそう思った。

立花さんは、私のかけがえのない人に。

鈴(松坂慶子)は、認めようとしなかった。世良勝夫(桐谷健太)、ホテルで人と待ち合わせをしていた。

君が福ちゃんか?立花くんとは、会うてるの?お姉さんは残念やったな。立花くんとは、どないなっとるの?

世良は、萬平を親友と呼んだ。でも、今の状況を何も知らなかった。

立花くんが横流し?僕が立花くんを助ける義理はない。

今度は、一緒にラーメンを食べただけだと言いはった。

僕はやっていない!

憲兵は、何も話さない萬平に手を焼いていた。萬平の名前を出した男は、闇業者に刺殺されていた。

僕はやってない、僕はやってない。

理創互作社では、加地谷(片岡愛之助)が銀行と連絡していた。世良は、会社の様子を見に行く。

立花くんのことは諦めろ。不幸いうんは伝染するんや、せやから僕はそういうところには近づかへん。

福子は、世良への期待も裏切られてしまう。

真一は、克子の家を訪ねる。咲の好きだった忠彦の絵を預けることにする。

咲は、本当にこの絵が好きだった。これは、あいつの大事な形見や。

大事な人がいるなら、生きてそこにいるなら簡単に手放してはいけない。福子は突き動かされるようにして萬平に会いに行った。

立花さんがダメっていうなら、私は一生独り者でいます。

とにかく僕は世の中に役に立つ仕事がしたい、みんなが喜んでくれるような仕事を。萬平は福子にそう言った。

あんなに心がキレイな真っ直ぐな人はいません。

大切な人のために生きる!

萬平に家族はいない。でも、大切な人はいる。

女か?ほな生きてここを出なな。死んでもうたら二度と会えんぞ。食え。生きて大事な女に会いたかったら、食わんとあかん。

萬平は、やっとご飯を口にした。それは、福子にもう一度会うためだった。

朝ドラ「まんぷく」15回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です