【まんぷく】24回あらすじと視聴率!萬平の地を這うような叫び声

萬平(長谷川博己)は、腹痛で寝込んでしまう。鈴(松坂慶子)は、お百度参りを続けた。

第25回、萬平は夢の中で鈴の姿を見た。助けたのは、家族の思いだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」24回視聴率

第4週「私がみつけます!」第24回が10月27日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.6%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」24回あらすじ(10/27)

萬平は三途の川を歩こうとした

腹痛で倒れた萬平は、やっと目を覚ました。医者は、山を越えたと言った。1ヵ月から2ヵ月は、安静が必要だった。

萬平ちゃん。

村の人たちは、心配して駆けつける。萬平は、福子(安藤サクラ)の作ったお粥を食べた。

夢を見ていたんだ。川のほとりに立っていて、川を渡ろうとしていたんだ。

川の向こうには、鈴が立っていた。それは、三途の川なのか?鈴が萬平を助けたのか?

言わない方がいいです、絶対に。

福子は、目が覚めた時に嬉しそうでなかった萬平が気になった。

ため息やめて、お母さん。

萬平は、入隊するが健康でないため帰されてしまう。鈴は、情けなく思っていた。

萬平は何もできない悔しさを噛みしめた

福子は萬平と一緒に散歩に出かける。外には、近所の人たちがいた。

早うようなってな、また魚取りしような。

そのとき、アメリカの戦闘機が来てしまう。

みんな隠れろ。

誰も傷つけられることはなかった。萬平は、自分が悔しくて堪らなかった。

チクショー。チクショー。情けない、情けない。お母さん、すいません。福子、申し訳ない。僕は何も出来ない。

病気になってしまい、赤紙がきても戦争に行くことも出来ない。その悔しさが込み上げてきた。

そんな事、考えんといて。戦争に行かなくても、お国のためになることはきっとあります。私は、萬平さんに生きていて欲しい。

福子は、誰に何と言われても生きていて欲しいと思った。

帰りましょ、萬平さん。

僕に出来ること。

福子は、萬平にしか出来ないことを見つけると誓った。

10月29日からは、第5週「信じるんです!」がスタートします!みんなが欲しがるようなモノを考える。萬平は、発明家として生きる。

朝ドラ「まんぷく」24話感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です