【高嶺の花】最終回ネタバレ!どんな夢だって現実になる野島伸司の描いたドラマ

ドラマ「高嶺の花」最終回は、9月12日(水)日本テレビで夜10時から放送されました!

新庄千秋(香里奈)は、風間直人(峯田和伸)に告白する。私なら好きな人に辛い思いなんてさせない。

第9話は、「最終回直前! 愛と哀しみ、嘘と裏切りが激動する!出生の秘密、恋の裏側頂上決戦…残り2回を見逃すな」。

「高嶺の花」第9話視聴率

ドラマ「高嶺の花」第9話が放送されました。気になる視聴率は、11.4%でした!

ももは、華道家として生きる道を選んだ。もう愛してしまった直人を忘れることが出来るのか?

「高嶺の花」第9話あらすじ

裏切られたら壊れてしまう、そんな人を好きでいたい

直人は、月島もも(石原さとみ)を忘れることが出来なかった。

犯罪者の理屈ですかね、バレなければって。つまり浮気って本当は後ろめたい。犯罪だと思ってる。ひどいことだって。

浮気をするやつは、彼女や妻のことを思い出さない。でも、直人にはももの顔が浮かぶ。

笑った顔、すねた顔、怒った顔、泣いてる顔。くるくるいろんな顔が浮かんじゃってるんです。

好きは人に裏切られたら自分が壊れてしまう。そんな女性を好きでいたい。

お蕎麦屋さんの分厚い湯飲みと薄くてもろいティーカップ、どっちが割れにくいと思います?

直人は、高値の高級なティーカップは割れない。大切にされるから、俺が大切にするからだと言い切った。

ありがとう、ありがとう。

ももは、素直になりたいと心からそう思った。

ももが決めた覚悟

月島ななは、破門されてしまう。龍一と一緒に生きると決めた。

お花を嫌いにないたくないの。

月島市松とももは、血のつながりはない。でも、決して愛されてなかったワケではなかった。

天分のないものには、努力で補える限界がある。天才たちの人生をかけた戯れなのだよ芸術は。

市松は、ももと龍一の結婚話をすすめようとしていた。ももは、月島の家元に選ばれた。

家元になります。今まで本当にありがとう。ありがとうございました。

ももは、直人に会う。

風間さんは、ひとりで立てる人。強い風が吹いても倒れない木です。だから、ひとりで立てない私は寄りかかってしまう。

ももは、二度と会わないことを決めた。

私も1人で立てるようになりたいんです。そのためには、私は華道家としての自信を取り戻すしかない。

直人は、待つことを望んだ。最後にお弁当を作った意味が分からなかった。

ねぇ、何なの?何ジタバタしてんの?

直人は、どんなことがあったとしても連絡してくれる。どこかでそう思っていた。でも、ももの背中は終わりを告げていた。

もう迷わない、真っ直ぐに愛することを選ぶ

ももの作ったお弁当は、クマの顔に似立てたモノだった。

母さんが言ってた。男が未練がましいのは、余力あるうちに別れるからだって。

直人は、高嶺の花を取りに行くことにする。その花を掴もうとしてケガをしてしまう。

俺は、英雄になる。

ももの母親は、みんなから尊敬される華道家だった。でも、その華道は月島流ではないと市松に避けられる。

でも分かった。その思いを真っ直ぐに極限まで消化すればいい。迷わないで。私なら出来る。

好きな人がいる方が勇気がわく。ななの気持ちをももはママゴトと笑った。でも、やっと分かった。

あなたの人生を肯定してあげる。お父さんの人生を。

ももは、月島を離れて新しい流派を作ることに決めた。

その方は、私が悲しいと言えば愛ある証しと答えてくれました。私が怒っていると、もっと怒っていいと言ってくれました。

分け隔てなく全てを照らす太陽、こんな時代にいつでも優しくあり続けることは困難だった。自分の価値観を固定せず、相手の価値観を全て受け入れる。

あなたこそが太陽だと唯一無二の日差しであると今分かるのです。今になって。お慕い申し上げております。

私も花になる。直人のことだけを思い花を生けた。ありのままの自分を花に込めた。

どんな夢だって現実になる

神宮兵馬は、ももの生けた花を見て言葉を失った。そこに込められた想いは、求愛だった。

ももは、自分の足で立ちたいのです。私に新流派の立ち上げをお許し下さい。

ななは、龍一のところに向かった。たとえどんな道でも一緒について行くと決めていた。

お帰りなさいませ。ふつつかものですが末長くよろしくお願いします。

ももは、商店街で教室を開くと言い出す。直人は、全てを振り切ることが出来ない。

どんな夢も現実になるよ、夢を叶える力がある。いつかお前はホンモノの愛を手に入れる。

母親の言葉が聞こえた。

こちらこそ、よろしくお願いします。

ももは、スピーカーで商店街のみんなに聞かせていた。堀江宗太は、自転車を返しに来た。

宗太、お帰り。大丈夫だったろ。

学校のみんなも喜んでくれた。そして、母親も迎えてくれた。

みなさんこんにちわ、風間ももにございます。まずは、生け花を楽しんでみましょう。

一番大切な人を心に浮かべて生け花を楽しむ。ももの生け花教室が始まった。

ドラマ「高嶺の花」最終回感想

ドラマ「高嶺の花」は、石原さとみさんあっての作品だったなって思います。人を好きになる純粋な気持ちを大切にする。そんな温かい気持ちになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です