映画「コーヒーが冷めないうちに」9/21ロードショー!あなたは過去に戻りたいですか?

過去に戻れる喫茶店があったら、あなたは誰に会いたいですか?

映画「コーヒーが冷めないうちに」は、9月21日全国ロードショーになります。主演・有村架純は、過去に戻れる力を持つ時田数を演じます。

映画「コーヒーが冷めないうちに」

喫茶「フニクリフニクラ」は、過去に戻れる不思議な場所。別れた恋人、事故でなくなった妹、認知症の妻。

様々な後悔を抱えて生きてきた、愛と再生の感動のヒューマンドラマが始まります。

監督は塚原あゆ子

原作の「コーヒーが冷めないうちに」は、2017年に本屋大賞ノミネートした作品です。4回泣けると話題になり、累計100万部のベストセラー小説になりました。

監督は、塚原あゆ子さん。「夜行観覧車」や「Nのために」、「アンナチュラル」のヒットドラマの演出で知られています。映画監督デビュー作になりました。

過去に戻れる喫茶店

喫茶「フニクリフニクラ」では、時田数が働いている。そこには、自分の望む過去に戻れるという不思議な都市伝説があった。

過去に戻れるのは、あの席に座ったときだけ。過去に戻れるのは、カップにコーヒーで満たされてから冷めてしまうまでの間だけ。

過去に戻って、あなたがどんな行動をとっても。一度起こってしまったことは変わりません。

喫茶店には、後悔を抱えて過去に戻りたいと願う人が訪れる。

キャスト

幼なじみとケンカ別れをしてしまったキャリアウーマン・波留。

若年性アルツハイマーで夫の顔さえも忘れてしまった妻・薬師丸ひろ子。

妹に全てを押しつけ実家を出た姉・吉田羊。

数に惹かれて喫茶店に通うようになった大学生・伊藤健太郎。

過去に戻れるイスにずっと座っている謎の女性・石田ゆり子。

素直になれない、もう一度会いたい

清川二美子(波留)は、幼なじみの賀田多五郎(林遣郁)とケンカ別れしていた。

行けば、時間なんでしょ。行っちゃえば、どこにも。

五郎は、突然にアメリカに行くと言い出す。

何なんですか?ムカつくんですよ、あの五郎って男は。

五郎が好きでも素直になれないでいた。過去に戻っても一度起こったことは決して変わらない。

二人のアドリブシーンが可愛らしい!共演キャストからは、ストローを投げるシーンがステキと言われました。

すべてを忘れる前に、もう一度会いたい

高竹佳代(薬師丸ひろ子)は、週に何度も喫茶店に通っていた。ある病に侵されてしまう。

どこかで、お会いしたことがありましたっけ?

若年性アルツハイマーは、夫の顔さえも忘れてしまう。夫・房木康徳(松重豊)は、献身的に妻を支えた。

ダレ?

佳代は、部屋にいる夫を不信に思ってしまう。房木は、自分のことを忘れてしまう前の妻に会いに行く。

あ~、やっぱり私いろんなこと忘れちゃうんだ。あなたのことも忘れちゃうの?

そんなことはない、そう言った房木の目からは涙が溢れていた。

薬師丸ひろ子は、台本を読んだときから切ない思いでいっぱいだった。吉田羊は、演技を見てダダ泣きをしてしまいました。

過去に戻っても未来は変えられない

平井八絵子(吉田羊)は、スナックを経営していた。

ちょっと待って、お姉ちゃん。お姉ちゃん。

八絵子は、妹・久美(松本若菜)に実家の旅館を押しつけて逃げ出していた。

妹にだってさ、やりたいこととか叶えたい夢とかあっただろうに。なのに私が旅館も両親も押しつけちゃって。

久美は、姉に会いたくて何度も上京していた。でも、八絵子は会わないようにしていた。

ある日、妹が交通事故で亡くなってしまう。八絵子は、途方もない悲しみに覆われていた。

この前、妹が私に会いに来た日あるでしょ。あの日に戻りたい。分かってる、一度起きたことは変わらないって。

数は、亡くなった人に会いに行くと別れを切り出しにくくなる。アラームが鳴る前にコーヒーを飲み干すように言う。

お姉ちゃんだー、珍しい。

吉田羊は、「過去に戻っても未来は変えられない」その言葉が一番響く場面だと言う。

私、幸せになっていいのかな

時田数(有村架純)は、人を過去に送りだす力を持っている。数は、母への後悔を抱えていた。

どうすれば、お母さんを失わずにすんだか分からない。

新谷亮介(伊藤健太郎)は、そんな数に思いを寄せる。

数ちゃんをもっと笑わせたい。ダメ?

心を閉ざしていた数は、少しずつ笑顔が増えて行った。でも、自分が幸せになればなるほど母のことを思い出してしまう。

私、幸せになっていいのかな?

数は、自分自身が過去に戻ることはできない。新谷は、何とか戻れないのか考える。

謎の女(石田ゆり子)は、過去に戻れるイスにずっと座っている。本を読んでいる女性。もうすでに過去の人間なのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です