【黄昏流星群】6話あらすじと視聴率!ときめく場所を求めあった大人たちの末路

目黒栞(黒木瞳)の母親が亡くなってしまう。瀧澤完治(佐々木蔵之介)は、妻にウソをついて泊まってしまう。

第6話が放送されました。ドラマの視聴率とあらすじを紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「黄昏流星群」6話の視聴率

フジテレビドラマ「黄昏流星群」の第6話が放送されました。気になる視聴率は、6.5%でした!

エリート銀行員・瀧澤完治(佐々木蔵之介)、妻・真璃子(中山美穂)、スイスで完治が知り合う目黒栞(黒木瞳)

「黄昏流星群」6話のあらすじ

二人でいる幸せ

完治は、栞の家で朝を迎える。栞は、完治のために朝ごはんを作った。

このお漬物、ご自身で?本当、美味しい。

栞は、この日のことを一生忘れないと言った。栞の家からの帰り道、朝日が眩しかった。

早くしないと遅れちゃうわよ。朝ごはん、そこに置いてあるから。

真璃子(中山美穂)は、浮気を疑っていた。栞は、洗濯物と干そうとして体に異変を感じる。

両家の顔合わせ、そろそろやりたいんだって。

美咲(石川恋)は、春輝(藤井流星)の家に挨拶に行くことを決めていた。年内に結納、年明けに式をあげる。日野冴(麻生祐未)は、孫の顔が見たくて急いでいた。

美咲いいのか?後悔しないのか?別れるんだろ、あいつとは。

冴は、ガンが見つかっていた。そのためにも春輝の結婚を早く見たかった。

ほんの一瞬かけがえのない時間

「荻野倉庫」は、メインの会社から契約を打ち切りをされようとしていた。完治は、新規の融資を頼まれた。

5億なんて、そんな融資は無理ですよ。何で支店は、こんな案件通したんだ。

「若葉銀行」では、この融資を受けることは出来なかった。完治は、栞と飲みに行く。

自分が弱い立場になって初めて、あー融資を断られるっていうのはこんな気持ちになるのかって。

栞は、完治が話してくれることが嬉しかった。完治は、栞の経済的なことを心配した。

私、小さいお店を開くの夢なんです。母が糖尿だったから、健康食について勉強したんですよ。

美味しいだけじゃなくて、体にもよくて食べたら元気になる。そんな料理をお店で出したい、栞は夢を持っていた。

完治は、戸浪恭介(高田純次)に会うことにした。美咲の気持ちをもてあそぶのは止めて欲しい、そう言った。

一瞬ですよ、ほんの一瞬。私には、かけがえのない時間だった。

完治は、栞とのことを思うと何も言えない。美咲は、体調を崩してしまう。真璃子が風邪薬を入れようとする、ポーチの中には避妊具が入っていた。

それぞれの恋

完治は、職場でケガをしてしまう。真璃子は、春輝と一緒に式場を見学に行く。

真璃子さんのウエディング姿、きっとキレイでしょうね。

美咲は、結婚式の準備を真璃子に任せきりだった。春輝には申し訳ないと思っていた。

美咲ちゃんのことなら僕は知ってます。他に好きな人がいるって、彼女に打ち明けられました。

春輝は、母親を安心させるために結婚しようとしていた。

僕が好きなのは、真璃子さんです。あなたが辛い時に受け皿になれればって思ってます。

「荻野倉庫」から真璃子に連絡が入った。完治がケガをして、救急病院に運ばれた。ロビーで栞は美咲に会ってしまう。

そうよ、先生が学会で金沢に行くのについていったの。とっても楽しかった、ほんのちょっとの時間だったけど。

完治は、美咲を責めることは出来ない。妻よりも栞といる時間を大切に思った時間があった。

ドラマ「黄昏流星群」6話感想

見逃し動画配信サービス「黄昏流星群」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「黄昏流星群」は、動画配信サービス(動画を楽しむなら「FODプレミアム」)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回1ヵ月無料キャンペーンに登録が必要です!
・「黄昏流星群」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

動画配信サービス「動画を楽しむなら「FODプレミアム」」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

FODプレミアム

※紹介している情報は2018年11月19日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です