【刑事ゆがみ】第1話の視聴率は5.8%!水野美紀と中川大志の先生と生徒の悲恋に涙が止まらない

ドラマ「刑事ゆがみ」は、フジテレビ木曜の10時枠から放送スタートしました。

第2話は、「初恋愛情溺愛純愛」。気になる視聴率は5.8%でした。

ゲストは、水野美紀さん、斎藤工さん、中川大志さんが登場!

ドラマ「刑事ゆがみ」第2話 あらすじ

第2話「初恋愛情溺愛純愛」

うきよ署強行犯係の弓神(浅野 忠信)は、相棒の羽生(神木隆之介)らとともに、中学校の教師・早杉千里(水野美紀)が襲われた強姦未遂事件の捜査を始める。

事件は、千里が自宅アパートで仮眠中に、窓から侵入した男が彼女を襲おうとした、というものだった。そこに、千里が勤務する中学校で教育実習をしていた大学生・打越将也(中川大志)が訪ねてきて、犯人と争いになったのだという。

千里は、犯人が振り回した花瓶で右腕を負傷。犯人を追おうとした打越は、花瓶の水で足を滑らせてベッドの角で頭を強打し、意識不明の重体で病院に搬送されていた。

だが、千里は「事件を忘れたい」 と言って被害届も出さず、捜査協力を拒んでいた。菅能 (稲森いずみ)は、法改正で強制性交等罪の非親告罪化が決定したことを千里に告げて捜査を開始する。が、千里の教師という立場も考慮し、不法侵入と傷害事件として捜査するよう指示する。

一方、千里と打越の経歴を調べた弓神は、2人が教師と教え子の関係性だったことに気付く。ほどなく、現場に残されていた足跡から犯人の靴が特定され、ある人物が捜査線上に浮かんでくる…。

出典:フジテレビ

下着ドロボーのしわざ

下着泥棒の前科がある郷亀哲史(斎藤工)が容疑者としてあがった。現場にあった足跡と郷亀の靴、コンビニの防犯カメラが証拠となった。

郷亀の家に家宅捜索に行く、ロフトの上にはコンテナのキーを見つける。コンテナの中には、膨大な盗まれた下着があった。

羽生は、早杉に郷亀の写真を見せると“はっきり覚えていない”と言う。早杉は、将也の中学2、3年の時の担任だった。

お母さん、息子さんの部屋見せてもらえますか?

将也は被害者ですよ。

弓神は、将也の部屋を見せてもらうことにする。照明の位置、パソコンのマウス、そしてカギのついた引き出しが気になった。

郷亀の盗んだ下着の中から早杉の下着が見つかった。だが、強姦は否定している。

弓神は、早杉の家に不法侵入する。レンタルビデオを借りに行く羽生の姿を弓神は録画していた。それをネタにおどし早杉の家に入り込む。

花瓶ごと壊したなぞ

ベランダから逃げる犯人が部屋の真ん中にある花瓶を取りに行くのは不自然だった。花瓶を取るとしたら玄関から入って、左利きのはず。

彼の部屋のマウスは左にあった。電気スタンドは影にならないように右にあった。極めつけはギターだよ。

なぜ、犯人は花瓶を凶器に使ったのか?それは花瓶ごと壊したかったからだった。

弓神は、打越の部屋から交換日記を無断で持ち出していた。

学校がいやだ。つまらない

環境が変わると誰もが拒否反応があります。焦らずに少しずつ

先生見てると笑えてくる

バカにしてるでしょ。稀にみる変な生徒

特別だってこと?

交換日記から、大好きな先生にプレゼントした花瓶を凶器に使っていた。早杉が襲われていたというのは嘘だった。

打越には女性の見舞いがあった。元恋人はなぜ別れたのか?それは他に好きな人がいたからだった。

部屋にいた来客はダレだ

打越は、心臓の病気があったため柑橘類が食べられなかった。弓神は早杉の部屋にあった水晶文旦が気になった。

やっぱりいたんだよ、あの部屋に来客が。

弓神と羽生は、早杉の交友関係をもう一度洗い直すことになった。早杉は結婚相談所に登録していた。

打越の容態が急変した。早杉は病院の屋上から飛び降りようとする。

秋山賢治は、結婚相談所で紹介された男だった。事件の日、一緒に酒を飲んで早坂の部屋に行った。ベッドにいる時に打越がやってきた。

誰かいんの?どういうこと、どういうことだよ。

ごめん。

打越は、秋山を殴ろうとして早杉を花瓶で殴ってしまう。逃げようをする秋山を追いかけようとして滑って頭を打ってしまう。

早杉は、秋山に結婚の意思はないと言う。でも、一度だけ抱いてほしいとお願いする。

すべて私が悪いんです。自分のために嘘をつきました。私、男の人知らないんです。この歳になって一度も男性経験がないんです。それで秋山さんにお願いしました。

恋人に嫌われたくなかったんじゃないんですか?

こんなみじめな事を誰にも知られたくなかった。

羽生は先生の本心が知りたかった。

真相なんて知らないことの方がいいことがあるんだよ。人の気持ちなんて通じある方が奇跡だからな。

本当の恋人同士

打越が教育実習に来てから、ふたりは恋人同士になった。歳の差があるため、打越の母親は反対している。

あんたいくつだと思ってるの?息子には未来があるのよ。

打越は、親に反対されても早杉に会いにいった。

俺の未来は、自分で決める。千里と一緒にいたい、ずっと。

早杉は、辞表を書いた。羽生は弓神と一緒に学校に行く。打越の目が覚めたことを伝える。

千里は?千里は大丈夫?よかった。

愛されてるねぇ~

授業中にズボンに靴下が挟まってることを言われる。打越を思い出して涙ぐんでしまう。たしかにふたりは想いあっていた。

まとめ

第2話も刑事ドラマには珍しいステキなラブストーリーになっていました。女性脚本家の力なんでしょうか?回想シーンがステキです!

来週は、寺脇康文さんがゲストに登場します。

逃してしまった人はこちらから⇒まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です