朝ドラ【ひよっこ】第153話のあらすじと視聴率!みね子(有村架純)が奥茨城に帰った一面に広がる花畑に感動!

f:id:dreams3359:20170927223111p:plain

1968年(昭和43年)高度成長真っただ中の日本は、ついにアメリカに次ぐ経済大国になりました。こ物語も4年が経ちました。

第153話は、ヒデが作った新メニュー「スコッチエッグ」が人気だった。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「ひよっこ」第153話 視聴率

第26週「グッバイ、ナミダクン」第153話が9月27日水曜日に放送されました。気になる視聴率は23.9%でした。

第153話 あらすじ(9/27放送)

 

お父ちゃん、それにお母ちゃん、お元気ですか?今日は久しぶりにいろんな報告をします。盛りだくさんです。ヒデさんとは、お休みの日にデートします。ランチをいろんなお店に食べに行きます。安いのでランチだけです。

 

みね子とヒデは、ランチを食べ歩くデートをしていた。

美味しいね、ここのカレー。

どっかで食べたことあるような味。懐かしい味。

そこは、乙女寮の食堂のおじさん・和夫さんのお店でした。

愛子さんは、シェフの奥さんになりました。でも、すずふり亭で働くのではなく仕事は今まで通り続けるそうです。

 

愛子は、隣の家に行くだけなのに寂しそうにしている。

 

愛ちゃんは、一家にひとり欲しいよね。

 

五郎さんと安江さんには、家族が増えました。

 

養子に迎えた子どもの名前は、茜という。あかね坂のあかねだった。柏木堂のヤスハルも養子だった。

 

本当の親じゃなくても親子になれるんだぞ。幸せにな、俺は幸せになったよ。ちゃんと親子になった。だから茜もなれる。

 

 

うん。

 

 

ありがとうヤスハル。

 

茜ちゃんは、みんなのアイドルになりました。

奥茨城では、花を栽培していた。

 

まぁ、でも俺には、食えるもんでもねぇのに売れんのが心配だな。

 

 

大丈夫だよ父ちゃん。あとは咲くのをまつだけだ。

 

実からハガキが届いた。出来るだけ早く奥茨城に帰ってきて欲しい。みね子は由香にお店をお願いして帰ることする。

奥茨城では、バスの車掌だった次郎が村長に立候補していた。

 

じぃちゃん、ただいま。

 

 

よぐけぇってきたな。

 

みね子は、一面に広がった花畑を見て感動していた。

 

えー何これ、えー。

 

第153話 感想(9/27放送)

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です