朝ドラ【わろてんか】第33回あらすじと視聴率! てんの焼きもち藤吉の袖をつかむ仕草がカワイイ

 

f:id:dreams3359:20171108222327p:plain

リリコは、後添えにになるために支度金をもらっていた。藤吉は、自分を大切にするよに言う。

第33回は、藤吉とリリコが揉めているところをアサリが目撃してしまう。

ドラマ「わろてんか」第33回視聴率

 第6週「ふたりの夢の寄席」第33回が11月8日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.6%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第33回 あらすじ(11/8放送)

リリコが結婚?

 

藤吉は、リリコに呼び出されて家に行った。リリコは、支度金をもらって後添えになる話があった。

 

あほ、自分を粗末にするな。お前にはお前におうた男が必ずいてる。

 

藤吉のリリコが揉めているところをアサリが見てしまう。

アサリは、万丈目とキースに話してしまう。見損なった、おてんちゃんが可哀想や。藤吉が責められてしまう。

 

すまん、リリコの家にいったのは、ほんまや。相談事があるって言われたから。

 

てんは、藤吉を信じたかった。

こんなことしてはるひまがあるんやったら、今日こそ寄席を手に入れておくれやす。

端席は玉手箱

 

藤吉は、振り売りをしながら暗く落ち込む。亀井のところを素通りしそうなる。

 

ええもん、見せたろか?

 

亀井は、今では有名になった扇亭三楽と榎屋南枝の札を見せた。端席は、新しい者が生まれる玉手箱だった。

 

こっから巣立って有名になった芸人も数しれんのやけどな。そろそろ手放す潮時かもしれん。

 

てんは、藤吉とリリコのことを考えていた。

 

悋気(りんき)は損気やで。いらん焼きもちは一銭の得にもならんちゅうことです。

 

啄子は、てんの気持ちを察して話す。てんは少し元気になった。

義太夫を見せて欲しい

 

藤岡屋では、儀兵衛が体を壊していた。

 

わしの体のことは、誰にも言うたらあかん。ええな。

 

藤吉は、リリコの家に向かう。てんは、藤吉の帰りを待っていた。

 

やけになって惚れてもいない男と結婚なんてすな。

 

リリコは、一緒にどこかに行こうと言い出す。

 

俺には、てんしかいてへん。

 

藤吉は、リリコが身売りされそうになったとき身体をはって守った。リリコは、そんな藤吉とずっと一緒にいたかった。

 

義太夫なんてやめたる。どうせ才能もないわ。

 

 

お前の語りには魂がある。俺は芸を見る目だけには自信があるんや。

 

藤吉は、自分の作った寄席で義太夫をきかせて欲しいと言い出す。

 

リリコさんに出てもらうためにも、頑張りまひょ。

 

啄子と約束した1ヵ月までは、あと少しだった。ふたりは夢のために気持ちを固めた。

その頃、大阪には風太が来ていた。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です