朝ドラ【わろてんか】第34回あらすじと視聴率!この寄席は俺らのもんや藤吉にゾッとした気持ちとは

f:id:dreams3359:20171109204719p:plain

藤吉は、野菜の振り売りをしている。そこへ京都から風太がやってきた。てんを京都に戻してほしいと言い出す。

第34回は、亀井の心が動く。ふたりの夢が近づいた。

ドラマ「わろてんか」第34回視聴率

 第6週「ふたりの夢の寄席」第34回が11月9日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.3%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第34回 あらすじ(11/9放送)

風太がやってくる

 

 藤吉のところに風太がやってきた。

 

頼みがあるんや、てんをいっぺん京都に帰したってくれんか?

 

藤吉は、寄席を手に入れて稼げるようになる。それまでは京都の家に行くことは出来なかった。

風太は、てんの居場所を探す。てんの働いている「万丈亭」に行くことになった。

 

長屋なんか住んで大変そうやなぁ。

 

 

堪忍な、心配かけて。みんな元気か?

 

風太は、京都に帰ってきて欲しいとお願いする。てんは、二度と敷居をまたがない。その気持ちは変わらなかった。

長屋の住み心地

 

亀井は、寄席がある場所を壊す話をしていた。土地を売って借金を返すことを考えていた。藤吉は、どうしても寄席が欲しかった。

 

俺に任して下さい。

 

 

素人に席主なんて任せたら、この小屋に泥を塗るだけや。

 

啄子の腰は良くなっていた。でも藤吉の前では、まだ痛いふりをしていた。

 

ここの暮らしも、そう悪い者やおまへんな。あのけったいな人ら、案外どうして。

 

アサリがやってくる。貰い物の饅頭を差し入れてくれた。

 

人ちゅうもんは、ちょっと知りおうただけでは分からんもんや。ちょっとした事で心が振り子のように触れることもあるわ。

 

藤吉と啄子は、饅頭を食べる。

鶴亀亭

 

てんは、亀井のところに行く。亀井の看板には、鶴と亀の絵が描かれていた。夫婦の一文字をとって「鶴亀亭」と名付けられた。

 

嫁はんや、鶴子いうてな。

 

亀井は、大きな寄席で下足番として働いていた。嫁の鶴子は、お茶子だった。寄席が大好きで寝る暇も惜しんで働いた。

 

あんたみたいな女子だった。

 

亀井は、商売が上手くいくと遊び惚けた。鶴子は1日も休まずに働いて、亀井より先に死んでしまった。

 

大事なもんは、のうなって初めて気いつくもんや。

 

それからというもの「鶴亀亭」は、閑古鳥が鳴いてしまった。

この寄席は俺らのもんや

 

てんは、藤吉にもう一度亀井のところの行こうと言い出す。

 

そうですやろか。亀井さん、ほんまは小屋を続けたいんや思いますえ。

 

てんと藤吉は、亀井のところに行く。

 

お願いします。俺は芸を愛する気持ちやったら、どんな席主にも負けません。

 

てんは、たくさんの人が笑っていて欲しい。何より藤吉に笑っていて欲しかった。

 

夫婦ふたりなら苦労もへいちゃら。この寄席が続くかぎり、亀井さんのこと信じて、幸せやったとウチは思います。

 

てんと藤吉は、「とざい、とーざい」この声をもう一度響かせて見せる。亀井夫妻の想いを受け継ぎたいと思った。

亀井は、寄席のカギを開けた。やっと亀井の心が動いた。

 

あんたらに任せすのがええのかもしれん。

 

「鶴亀亭」の門が開かれた。亀井が手入れしていたのか、キレイな寄席だった。

 

この寄席は、俺らのもんや。誰にも渡さへん。これが俺らの夢の寄席や。

 

藤吉は、てんを抱きかかえる。だが難攻不落な啄子の存在があった。

ドラマ「わろてんか」感想

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です