朝ドラ「わろてんか」第63回あらすじと視聴率21.2%!てんと藤吉ふたりの川がひとつに戻った

 

f:id:dreams3359:20171216085615p:plain

てん(葵わかな)は、藤吉(松坂桃李)がそれほどまでに言う団吾師匠(波岡一喜)のことを知りたかった。芸人と席主は、お金だけの関係じゃない、そう信じている。

第63回は、風太濱田岳)とおトキ(徳永えり)がふたりを仲直りさせようと企む。

ドラマ「わろてんか」第63回視聴率

 第11週「われても末に」第63回が12月13日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.2%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第63回 あらすじ(12/13放送)

家に戻った藤吉

「風鳥亭」の電話が鳴った。おトキが急いで出ると、風太からの連絡だった。

 

えーっ、隼ちゃんが隼ちゃんが、早よう戻りなはったほうが。

 

その声を聞いた藤吉は、大ケガをしたと思い込み飛び出して行く。

 

隼也、隼也、医者に連れてったんか?

 

隼也は、風太と一緒にいた。そのそばには、おねしょをしてしまった布団が干されていた。 

 

 

おねしょ?

 

てんの不満と藤吉の不満

 おトキと風太は、てんと藤吉を仲直りさせようとしていた。藤吉だけでは、寄席が大変だった。

 

隼ちゃんのおねしょは、一大事じゃないいうんですか?

 

隼也は、よくおねしょをするようになっていた。それは、藤吉が帰ってこないせいかも知れない。ふたりの不満とは?

 

てんが俺のやることなすことに反対して協力してくれんさかい。

 

 

これまで一緒にやってきた芸人さんのこと粗末に扱って、反対するウチのことも追い出そうとしはるさかい。

 

風太は、てんが団吾師匠に会いにいったことを話してしまう。てんなりに芸のことを知ろうとしていた。

おトキは、「万々亭」でのことを話してしまう。藤吉が芸人のことを家族だと言っていた。芸人たちには、真剣に芸に取り組んで欲しかった。

 

ライスカレー作っておくれやす。

 

芸人が本気になった

 おトキは、てんと藤吉を見て家族が欲しくなってしまった。

 

ええな、今夜はライスカレーやろか?ウチも家族3人でカレー食べたいわ。

 

子どもの前に結婚や、結婚の前に相手を探せと言われてしまう。風太は、おトキの気持ちに気付いていない。

「風鳥亭」の芸人たちは、藤吉の言葉を受け止めていた。団吾に負けない新しい芸を考えることにする。

 

俺が大看板やと言えるまで帰られへん。

 

芸人たちは、岩さんの孫のためにお祝いを贈った。アメが買えるくらいのお金だった。

寺ギンの思惑

 寺ギン(兵頭大樹)は、団吾師匠のところに行っていた。

 

ウチは、2万円用意させてもらいます。他に月のお手当500円。

 

団吾師匠は、どこからそんなお金が出てくるのか知りたかった。寺ギンは、芸人を50人の首を切ると言い出す。

 

師匠とワシが組めば、天下とえまっせ。

 

団吾は、よく考えて返事をすると言った。またしてもちゃんと約束をしなかった。

ずっと食べたかったライスカレー

 藤吉の家では、夕飯のライスカレーを食べていた。

 

やっぱりてんの飯は、一番美味しいわ。な、隼也もそうやろ。

 

藤吉と隼也は、口の回りをカレーだらけにしていた。

 

ふたりともチョコ衛門やのうて、カレー衛門になってるわ。

 

てんと藤吉は、仲直りした。

 

ひとつ、朝ごはんは必ず3人で食べること。ふたつ、愚痴は貯めずにすぐに吐き出すこと。みっつ、一日一回は3人で笑うこと。

 

藤吉は、3つの約束をたぶん守れる約束した。藤吉とてん、ふたりの川はひとつに戻りました。

団真が振り返るお夕の想い

 月の井団真(北村有起哉)は、お夕(中村ゆり)のことを思い出していた。自分を芸人として想ってくれた妻に暴力を振るってしまった。後悔が残った。

お夕は、団吾のところでお酒の支度をしている。団吾は、お夕の姿を見て幸せそうだった。

この3人に何があったのか?

朝ドラ「わろてんか」第63回感想

 

逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です