朝ドラ「わろてんか」第95回あらすじと視聴率19.5%!藤吉(松坂桃李)が倒れる、切ないシーンが続くぞ

f:id:dreams3359:20180128230542p:plain

藤吉が倒れてしまう。ずっと体調が悪くても我慢していた。てんを泣かしたくない、藤吉の想いは深かった。

第95回は、てん、家に戻りたい。藤吉は家族で過ごした家が好きだった。

ドラマ「わろてんか」第95回視聴率

  第17週「ずっと、わろてんか」第95回が1月25日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.5%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第95回 あらすじ(1/25放送)

てんは藤吉の手を離さない

藤吉は、また倒れてしまう。てんは、病院で藤吉の手を握っていた。

 

もう歩いたり出来ひんいうことですか?

 

一度、中風で倒れた藤吉だった。二度目に倒れた今は、何があってもおかしくない。てんには、覚悟が必要だった。

 

泣かんといてや、てんてんてんごのおてんちゃん。涙とかけて笑顔とときます。

 

 

そのこころは?

 

 

どちらも、頬にこぼれます。

 

藤吉は、家に戻りたいと言い出す。意識だけは、しっかりしていた。

 

「風鳥亭」の芸人たちは、新しい漫才を考えていた。そのころ、藤吉は家に戻っていた。リリコがお見舞いにくる。

 

映画、楽しいか?芸人には戻らんのか?いずれウチでもレビューやスケッチ劇をやることになる。そんときは風鳥亭の講座にあがってほしいんや。

 

寂しい思いをしてきたリリコにしかできない芸がある。藤吉は、そう思っていた。

「マンマン」では、万丈目がネタを書いていた。書き上げるまでは、外に出ることが出来なかった。

キースとアサリは、新しい衣装を選んでいた。おトキは、オシャレな雑誌を持ってきた。新しい流行を取り入れてはどうかと思った。

 

せっかく女子が意見いうたったのに。

 

おトキは、つわりで具合が悪くなってしまった。

ふたりで歩いてきた道は本当の幸せ

 

てんは、おトキのつわりを心配する。妊娠しているときは、無理をしてはいけない。

 

それより風太、ちゃんと労わって夫婦なかような。

 

新しい漫才には、新しい衣装を選んだ方がいい。おトキの意見が通った。

 

幸せや、おおきに。ありがとうな。

 

 

うちこそ、とっても幸せです。

 

藤吉は、てんと初めて会った日のことを思い出していた。

 

ほんまに苦労かけた。正直いうとな、俺で良かったんかって思うたこと何べんもある。

 

 

うちは、藤吉はんとずっとずっと笑ろうてきましたえ。

 

小さな寄席から始めて、「北村笑店」は大阪一の笑いの殿堂になっていた。

 

ほんまに俺がやりたかったことはな。

 

そこへ風太がやってくる。新しい漫才が出来上がった。「天満風鳥亭」で披露することになった。

 

社長もビシッと気入れてみてや。

 

藤吉が夢見た新しい万歳の完成が迫っていました。

朝ドラ「わろてんか」第95回感想

キースとアサリの衣装を考えているときが面白かった。金太郎のauネタは、二度目だった。「ピタッとくる」。小ネタが光った展開でした!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です