朝ドラ「わろてんか」第96回あらすじと視聴率!藤吉の描いた未来を見る事はできない

キースとアサリの万歳が完成した。てんと藤吉に「風鳥亭」で披露することになった。

第96回は、100年続く万歳を考える。万丈目が台本を書いて、キースとアサリがしゃべくりだけの万歳を話す。それは藤吉の描いた夢だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「わろてんか」第96回視聴率

第17週「ずっと、わろてんか」第96回が1月26日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第96回 あらすじ(1/26放送)

藤吉が描いた未来

隼也は、番組表の作り方を教えて欲しいと言い出す。

今度、じっくりな。

伊能がやってくる。藤吉は、伊能に大切な話があった。

「北村笑店」の役員になってくれへんか?

興行界の売り上げは、映画がいちばん次が芝居。寄席の売り上げは、微々たるものだった。アメリカでは、芸人がたくさん映画に出ていた。

ウチの芸人は300人、俺らが提携したら映画ももっとおもろいことが出来る。ごやろ?

それが次の一手ということなら、役員の件考えておくよ。

伊能にとっての同志

藤吉は、伊能が今もなお結婚していないことが気がかりだった。

てんのこと、どう思うてる?栞くんは、誰とも結婚してへん。

伊能にとって、てん以上に魅力的な女性にあっていなかった。

でも、おてんさんと出会ったおかげで君とも出会えた。おてんさんと君の絆が今の僕にとって、かけがえのないものなんだ。

藤吉くん、おてんさんと君は僕の同志なんだ。

ありがとう、これからも頼むな。

しゃべくり万歳の時代

次の日、「天満風鳥亭」にみんなが集まった。キースとアサリの新しい万歳が披露された。二人は、タキシードを着て登場した。

僕もラヂオ買いまして。

君も買いましたか?

キースとアサリの漫才は、上品な作りだった。しゃべくりだけの万歳は、本当に面白く出来ていた。藤吉の目には涙が光った。

どや藤吉?

こんな万歳見たことないわ。キース、アサリようやったな。これからは、お前らふたりがしゃべくり万歳で天下とる時代や。

しゃべくり万歳?

ええ名前やろ。

藤吉、みんなお前のお陰や。

おおきに。

たくさんの人と歩きてきた道

万丈目はん、ええ台本作ってくれて、ありがとう。これからもウチの万歳の台本書いてくれへんか?

もちろんです。

歌子は、洋食「マンマン」に戻って万丈目を支えることになった。

歌子はんおおきに。万丈目先生よろしゅうお願いします。

風太、お前の勝や。しゃべくり万歳が、この100年続くよう目ひからせて芸人ら仕込んでやってな。

北村屋の笑いは、風太に任せる。ちょっと心配だけど、その時はおトキがいる。

確かに引き受けた。

伊能は、「北村笑店」の役員を引き受けた。亀井の合図で手締めが行われた。

しゃべくり漫才の完成を祝して、みなさまお手を拝借。うーちまひょ、もひとつせ、いおうて三度。

てんと藤吉は、本当に幸せだった。たくさんの人と歩いてきた道、選んだ道は間違っていなかった。

朝ドラ「わろてんか」第96回感想

見逃した方はこちらから⇨わろてんか

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です