朝ドラ「わろてんか」第105回あらすじと視聴率21.0%!人は財成り、リリコと四郎の勢い理由を探す

f:id:dreams3359:20180208151531p:plain

ミスリリコ&シローは、高座に出ることが決まった。楓は、雑誌を出して特集を組んだらどうかと提案する。

第105回は、最初の頃の方が勢いがあった。てんには、その勢いの理由が分からなかった。

ドラマ「わろてんか」第105回視聴率

  第19週「最高のコンビ」第105回が2月6日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.0%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第105回 あらすじ(2/6放送)

「月刊北村」で宣伝する

楓は、「月刊北村」の企画書を風太に見せる。編集は楓が担当する。

 

創刊号は、ミスリリコ&シロー大特集ちゅう記事組んで、ふたりの人となりや生い立ち漫才への思いを語ってもらいます。

 

風太は、面白そうだが金額が安いと文句を言う。そこへ、りんがやってくる。「藤岡製薬」で広告を出してもらう。その広告料で印刷代を賄うことになった。

 

なるほど、ええアイデアや。

 

「藤岡製薬」では、新しく化粧水を売り出すことになっていた。

 

リリコさんみたいな人に、ウチの商品使こうてもろたら、広告費なんて安いもんです。

 

風太が反対する理由はなかった。

新しいコンビを作るのは並大抵のことじゃない

 

隼也は、楓の企画にのりたかった。でも、風太が3日以内に芸人の名前を覚える様に言った。それも必要な仕事だった。

ミスリリコ&シローは、高座に出るも面白くなかった。

 

そ、そやけど。

 

相変わらず四郎は、つっかえながらしゃべっている。てんは分からないことがあった。

 

考えてるんや、このふたりを面白いと思った理由を。

 

台本は、たしかに面白かった。

 

まぁ、新しいコンビを作るちゅうんは並大抵のことやないからね。

 

人は財成り、損得を超えた繋がり

 

隼也は、人の名前を覚えるのに必死だった。そこへ、キースとアサリが来る。

 

キース師匠、アサリ師匠や。

 

風太は、厳しかった。キースは、コーヒーが好きだった。砂糖3杯にミルクたっぷり、アサリは昆布茶を飲んだ。

 

あっ、梅干し入れてな。

 

全員の好みを覚えて、手早く出す。うどんの注文やら、飴を買ってこいやら隼也は目が回りそうだった。

 

今どき丁稚修行からやるなんて時代遅れや、そう思ってたんやけどな。

 

芸人のお茶の好みを聞くうちに、その芸人のことが気になってしまった。

てんは、今でも芸人さんの顔と名前を憶えていた。「北村笑店」の家訓は、始末・才覚・算用それからもう一つ人材だった。

 

人は財成り。将来あんたが声かけたときに、あんたのために高座に出てくれる。そういう損得を超えた繋がりこそがホンマの人材や。

 

リリコの芸人魂

 

リリコと四郎のプロマイドを作ることのなった。四郎は、カメラの前で固くなってしまった。

 

ウチは親がのうて、ちっちゃい頃から旅芸人してました。藤吉は、一緒に旅して面倒みてくれた家族や。

 

リリコにとって、お客さんの笑い声が子守歌だった。

万丈目は、「月刊北村」の編集長に選ばれた。

 

協力せんかったら、歌子にどやされますさかい。

 

てんも歌子には、頭が上がらなかった。

 

ひとりでもようけ、お客さんに楽しんでもらうためにウチは命かけるつもりです。

 

期待に答えられない不安

 

「伊能商会」は、順調に売り上げを伸ばしていた。不動産部門の売り上げをトーキー映画につぎ込んでいた。

 

自らの利益を度外視して、大衆の夢と幸せのために働く。それこそが我が社の本業だ。

 

「北村笑店」との提携の事は、納得していない社員がいた。

リリコと四郎は、「マンマン」で一緒に食事していた。食事のときにも無口な四郎だった。

 

何か文句あるんやったら、いうてみ。

 

四郎は、女子と話すのが苦手だった。リリコは、その辺の女子とは違う、たったひとりの相方だった。

 

なんや、怖いなー思うて。このまま上手いこといかへんで、みんなをガッカリさせるのが怖いんや。君はこわないのか?

 

リリコも怖かった。

 

ふたりして、死ぬ気で頑張るだけや。

 

リリコと四郎は、必死で練習した。その姿をキースとアサリが見ていた。

リリコと四郎の成功のカギを見つける

 

伊能は、「マンマン」で酒を飲んでいた。

 

働き過ぎとちゃいますか?あんまり飲まんほうがよろしい。

 

てんも来た。伊能は、隼也のことやリリコたちの話をする。

 

なんや、まだ最初の頃の方が面白かった言うか、勢いがあったといくか。

 

てんが面白いと思った勢いの理由を突き詰める。そうすれば問題は解決する。

 

これも社長の極意かな。

 

歌子は、大きなビフテキを持ってきた。

 

おまっとうさん、極上のビフテキでっせ。社長さんふたりには、元気に働いてもらわなあかん。

 

 

おおきに歌子はん、社長がへこたれたら、あきまへんさかいな。

 

 

ああ、いただきます。

 

てんは、「ミスリリコ&シロー」の成功のカギを見つけることはできるのだろうか?

朝ドラ「わろてんか」第105回感想 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です