朝ドラ「わろてんか」第118回あらすじと視聴率21.0%!リリコと四郎、つばきと隼也それぞれの恋心

f:id:dreams3359:20180222153612p:plain

加納つばきは、「マーチン・ショー」の資料を届けに来た。リリコは、隼也の様子が怪しいを言い出す。

第118回、女心と秋の空まだはっきり自覚していない、リリコと四郎、つばきと隼也それぞれの恋!

ドラマ「わろてんか」第118回視聴率

  第21週「ちっちゃな恋」第118回が2月21日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.0%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第118回 あらすじ(2/21放送)

隼也の恋

 隼也は、つばきを「マンマン」に連れて行く。芸人たちの憩いの場は、隼也の連れてきた女性に興味があった。

 

おまっとうさん、どうぞごゆっくり。

 

 

ここ来たの失敗やったな。

 

隼也は、呟いた。つばきは、「マーチン・ショー」の資料を翻訳していた。それは、英語学校の同僚にも手伝ってもらっていた。

 

すごく助かってます。

 

つばきが持ってきたスクラップブックも使っていた。ふたりは、アメリカで見た「マーチン・ショー」を思い出して盛り上がった。

 

はい、ドキドキしました。

 

つばきは、門限が厳しいと帰ってしまう。

女心と秋の空

 万丈目と歌子は、隼也をからかう。

 

いや、あの子の目は恋をしている目や。

 

楓は、好きじゃないと楽しそうには笑えないと言う。

 

こういうとき男はんは、強う引っ張らなあかん。恋する女子は、それを待ってるもんやで。

 

万丈目は、食事や贈り物で気を引くように言う。

 

女心と秋の空、恋の季節はすぐに過ぎ去ってしまうさかいな。

 

隼也は、まだ自分の気持ちに気が付いていなかった。

「マーチン・ショー」はやったほうがええ

 おトキは、作り過ぎた惣菜を持ってきた。てんは、そのお礼にパンを渡す。そこへ風太がやってきた。

 

これ隼也が書いた「マーチン・ショー」の企画書や。アメリカまでいかんでも、世界最高のショーが日本でも見られますって書いてあったわ。

 

風太は、隼也の企画書を見て日本でも受けると思った。

 

そしたら、やるんか?新しいこと怖がってたら、この先なんもでけへんで?

 

 

ちゃうわ、あいつが一辺失敗したもんを俺らが寄ってたかって、後始末するのがええのかどうか考えてんのや。

 

おトキは、父親代わりと思っている気持ちが強いと思っていた。

 

俺は、やった方がええと思ってるねん。あとは、てん次第や。これ読んでよー考えてくれ。

 

リリコの気のないフリ

 リリコは、四郎の体を心配している。

 

また、おかゆさん作ってあげよか?

 

四郎は、自分を介抱してくれたお礼を渡す。

 

おおきに。開けてもいい?

 

リリコに似合うスカーフを贈った。

 

けど、ウチには地味やないか?どや?

 

やっぱり地味だと気に入らないふりをした。

素直に好きだと思う気持ち

 リリコは、藤吉の仏壇に線香をあげる。

 

あんなぁ、ウチな何や四郎のこと気になってんねん。

 

てんは、心配ばかりする母親のようだと思った。

 

そんなんやない、何やもっと温い気持ちいうか?

 

 

温い気持ち?

 

 

ちゃうちゃう、何であんなやつに温い気持ちにならなあかんねん。

 

リリコは、四郎からの贈り物のスカーフを見せる。

 

これ四郎がくれたんや、もろたときは愛想のうしてしもうたけど。こんな女子のもん、買いに行くだけでも、えらいことやったやろな。

 

リリコは、ため息をつく。

 

ええんとちゃいますか?いくつになっても女子は女子です。

 

てんは、急に歌い出す。

 

命短し恋せよ乙女。

 

 

もう忘れてたわ、そんな気持ち。藤吉つぁん、堪忍やで。

 

新しいことを始めるのは誰でも怖い

 てんは、隼也が考えて企画書を見た。

 

よろしいと思います。

 

風太は、「マーチン・ショー」を隼也にはやらせない。その気持ちは変わらなかった。

 

「マーチン・ショー」決めてもろただけで充分です。

 

風太が伊能と相談して決めて行くことになった。「マーチン・ショー出資計画説明会」が開かれた。

 

こんなアメリカさんの自由気ままなショーが問題になることはありませんか?

 

 

いくら伊能さんの肝いりでも、実現は難しいんじゃないでしょうか?

 

てんは、誰もやらないからやるんだと言う。

 

世界最高のショーを見たいと思わはりまへんか?

 

夢を夢で終わらせない「北村笑店」

 

新聞や雑誌で広告をうつ、お客さんを大々的に呼び込む。

 

ショーを上演するのは、東京では4000人収容の大劇場です。30日間の公演をすれば、約12万人を動員できます。

 

全国各地で公演すれば約20万人が電車にのって、食事をしてホテルに泊まる。

 

街中がお祭りのように賑わいます。

 

説明会には、新聞社・出版社・鉄道会社・ホテルの経営者が来ていた。

 

まるで夢みたいな話だ。

 

 

こんな大掛かりなことしたら、目立ってあっちこっちから反発あるんやないですか?

 

伊能は、「マーチン・ショー」を最初にやりたいと言い出した隼也の話をする。

 

このショーは、言葉や文化の壁を越えて見る人誰もが幸せな気持ちになれると。彼はそう言ってました。

 

 

この新しいショーで日本を明るく幸せにしたいんです。

 

 

アメリカまで行かんでも、世界最高のショーが日本で見られるんです。こないオモロイことありませんで。

 

共同出資の話は、なかなかうまく行かなかった。

 朝ドラ「わろてんか」第118回感想

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です