朝ドラ「わろてんか」第132回あらすじと視聴率20.0%!笑いは薬だ手紙ネタに泣き笑いが止まらない

 

わろてんか隊」は、次の慰問先へと向かうことになっていた。てん(葵わかな)とおトキは、何よりも無事を祈った。

第132回、これが最後の笑いと思わせない。暗い話も笑いに変える、漫才には強さがあった。

ドラマ「わろてんか」第132視聴率

  第23週「わろてんか隊がゆく」第132回が3月9日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.0%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第132回 あらすじ(3/9放送)

思いっきり笑わせたい

 

風太は、最後の慰問になった日に少佐にお願いをする。

 

ちょっと新しい趣向をやらせえもらえへんかと思いまして。

 

高座にあがる芸人たちに、いつもの衣装を着させてやりたい。兵隊たちに、いつもの笑いを見せてあげたい。そうお願いする。

 

ダメだ。

 

 

少佐殿、笑いは薬です。どんなに苦しゅうて辛いことも、笑いがあれば人生乗り越えられると思うんです。

 

慰問団の笑いを届けた兵隊たちは、みんな全戦に向かった。芸人たちの渾身の笑いが本当に届いたのか?不安も残った。

 

こんな気持ちのままやったら、のこのこ内地には帰れまへんわ。せやさかい、新しい趣向やらせてやって下さい。

 

リリコの横でアコーディオンを弾いていたい

 

万丈目は、命懸けの漫才の原稿を考えていた。

 

カッコええわ。

 

歌子のどつきで万丈目が閃いた。リリコと四郎は、漫才の稽古をしていた。

 

アホ、高座に立つ時は夫婦やない。ウチはミスリリコ、あんたはド四郎や。

 

四郎は、慰問が終わったら日本に帰ろうと言い出す。

 

僕の夢は、死ぬまでリリコの側にいることや。もう一辺、漫才やってよう分かった。リリコの横でアコーディオン弾いてたい。

 

リリコは、新しい漫才が上手く出来たらいいと約束した。

伊能と山下のすれ違う気持ち

 

てんは、楓の原稿を見ていた。

 

面白いわ。

 

軍人が求めるモノを使うことは出来なかった。

 

漫才は、笑とうてもろうてナンボです。楓さんは、書きたいモノを書いておくれやす。後の責任は、ウチが取ります、

 

伊能は、撮影所に向かおうとしていた。専務は、新世紀シネマとの提携を早く勧めたいと思っていた。

 

先方さんは、一度会ってお話させて欲しいと言ってます。

 

 

山下くん、大丈夫だ。軍部が何を言おうと今度の映画は必ず当たる。

 

伊能は出かけてしまう。社長室の電話が鳴る。

 

業務提携のお話ですが?

 

山下専務は、勝手に話を勧めようとしていた。

涙が笑い声に変わるとき

 

わろてんか隊」は、慰問先で最後の高座を開こうとしていた。

 

今日は笑いすぎて、足腰立たんようなって、怖い将校さんにドヤされても知りまへんで。

 

万丈目と歌子は、いつもの後面と夫婦漫才を披露した。キースとアサリは、タキシードを着て笑いをとった。「わろてんか隊」の最後を飾ったのは、リリコと四郎でした。

 

それよりな、内地のご婦人からことづかった手紙がありますねん。

 

兵隊たちは、手紙を預けていた。それがバレるのはまずかった。

 

最後まで聞いたって下さい。

 

風太は、少佐にお願いする。

 

恋しい恋しいタカシさん、お元気ですか?よちよち歩きのカナコがたんぽぽを見つけました。

綿帽子になったら、そちらに届くように願いを込めて二人で飛ばしてみます。

 

兵隊たちは、涙を流してしまう。

 

子どもは3人と書いてあります。これは名古屋の方ですから、おみゃー早よ帰って来いって。どえりゃー怒られるんですわ。

 

名古屋弁に涙が笑い声に変わった。

兵隊たちにとって、最後の笑いになるかも知れない。でも、涙と笑いの狭間で家族を思う気持ちは強かった。

 

ようやった、よかった。お前らは、ホンマにおもろい芸人や。

 

少佐が入ってくる。

 

まことにご苦労でした。私の出身地も名古屋だがね。

 

 

おおきに、ありがとうございました。

 

わろてんか隊」は、この後も各地を訪問して多くの兵隊さんを笑わせ続けました。それから1ヵ月がたちました。

 

おてん様、帰ってきます。帰ってきます。「わろてんか隊」です。

 

3日後には、神戸の港につくという知らせが届いた。

朝ドラ「わろてんか」第132回感想

 

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です