【きみが心に棲みついた】8話あらすじと視聴率7.9%!現実から逃げた恋愛ごっこが終わる日が来た

吉崎(桐谷健太)は、今日子(吉岡里帆)の動画を見てしまった。星名には、誓約書を書かせて恐喝しないように仕向ける。今日子は、クビのスカーフを外した。

第8話は、「最後のデート…悪魔の告白と涙のキス!」が放送されました。

ドラマ「きみが心に棲みついた」第8話視聴率

火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」第8話の視聴率は、7.9%でした!今日子は吉崎と生きる道を選んだ。そのとき星名(向井理)は、何をする。

ドラマ「きみが心に棲みついた」第8話あらすじ

今日子のクビに吉崎の想いが光る

新ブランド・「ノイトルペ」の発表会が開かれた。八木のデザインした下着は好評だった。

春にキレイに咲く野の花をイメージしました。女性らしい繊細なレースを施すことでランジェリーそのものを引き立たせることが出来たと思います。

新企画が立ち上げることになった。それは、タレントの山藤アイカとのコラボ企画だった。今日子は、星名に呼ばれる。

今までにないような妖精みたいなランジェリ―作りたいなって思って。

今日子は、吉崎と待ち合わせしていた。吉崎は、少し早めの誕生日プレゼントをした。

今日子のクビが何か寒そうだから。

吉崎は、小さなネックレスをプレゼントした。ネックレスは、今日子のクビで光った。

トドひびがドラマ化?

スズキの本がドラマ化される。それは、スズキの本が多くの人に知られるチャンスだった。

夢は必ず叶うもの、信じているから未来は繋がる

山藤アイカは、今日子を指名してきた。今日子にとってはチャンスだったが、ノイトルペの仕事をしたかった。

吉崎と別れるなら、上と掛け合ってやるよ。

星名はクビのネックレスを見つける。

これ、あいつにもらったの?なに普通の人間装って恋愛してんだよ。あいつじゃ物足りないって思う日が必ずくる。

ネックレスがちぎれてしまった。

スズキは、作品の中の登場人物が変更されることが嫌だった。

先生、マルミちゃんは原作通り男性で大丈夫になりました。

ドラマでデビューさせたい女優は、新キャラクター設定になった。

メグは望月蘭さんに決定しました。

スズキは、メグのことを望月蘭をイメージして作っていた。思い描いていた通りになった。

今日子の優しいウソが誤解を生む

飯田は今日子をランチに誘う。星名と一緒にタクシーに乗り込む姿を見ていた。

星名さんは、私が守るって決めたの。

星名は、母親からの手紙を受け取った。そこには、別れを告げる言葉があった。

もうお金は結構です。今後一切、私には関わらないで下さい。さようなら。

今日子は、山藤アイカよりも「ノイトルペ」に残りたいと思っていた。

私もう、星名さんから離れたいんです。お願いします。

星名は、最後に1日だけ付き合うことを条件に受け入れた。

「ノイトルペ」には残れるように上にも話をつける。

吉崎から連絡が入った。

明日って空いてる?

今日子は、仕事だとウソをついてしまった。自分に区切りをつけるために星名に会う。それは本心なのだろうか?

思い出と決別する勇気

今日子は、星名と約束して会っていた。大学の頃の思い出の場所を巡る。

ビーフバーガーとアボカドバーガーとホットコーヒーで、何飲む?

野球を見ながら外でハンバーガーを食べる。星名と出かけるのは、何年ぶりなんだろう。

星名は楽しそうに笑っている。この笑顔に何度騙されたことだろう。星名は、今日子の膝の上で寝ようとする。

いいだろ別に。

星名は、今日子にキスをする。

俺のことが憎いか?

憎いです、憎いし怖いし、逃げ出したいです。

本気で逃げたいんなら、俺を殺せ。

そんなことできるくらいなら、とっくにしている。自分を受け入れてくれた記憶が消えない限り、今日子は心から嫌いになることは出来なかった。

現実から逃げた恋愛ごっこの終わり

成川映美のサイン会が開かれていた。スズキは、並んでサイン本を手に入れることにする。

スズキ先生もドラマ化、おめでとうございます。

今日子と星名は、立ち食い飲み屋にいた。殺人を犯した母親に面会に行った時の話をする。母親で刑務所で自殺未遂をしていた。

何があっても離れない。

大学の頃の約束を守れなかった。その後悔が自分を縛り付けていた。

スズキは、成川映美のことが好きになっていた。

あれ小川さん、吉崎さん今小川さんいましたよ。タクシーのって星名さんと二人腕くんで。

吉崎に不安が残った。

星名の寂しさを分かる日は来ない

今日子は、星名を家まで送ることになった。ソファの上で今日子を押し倒す。

イヤです。星名さんとはイヤです。

星名は、吉崎と別れて結婚してみないかと言い出す。

それで回りが傷つくとか考えたことないんですか?

星名にとっては、仕事も人間関係も暇つぶしだった。

星名さんは変わらないですね。この先ずっと、分かり合える日は来ないと思います。

死にてぇ。

星名は、涙を流した。マンションから飛び出した今日子を待っていたのは、飯田の姿だった。

どう星名さんに抱かれた気分は?

飯田は、今日子を責める。

あんたのせいで私はどん底よ。絶対に地獄に突き落としてやる。

吉崎は、今日子のアパートの前にいた。

まさかな。

今日子のウソは吉崎への優しさなのか

今日子は、「ノイトルペ」の第2弾の制作を続けられるようになった。山藤アイカとのコラボ企画は飯田が担当する。

やっとあの人から解放された。

吉崎のところにUSBカードが置かれていた。そこには、今日子と星名の姿が映っていた。今日子が星名のマンションに入っていく。

そこへ今日子から連絡が入った。吉崎は電話に出ることができない。

ドラマ「きみが心に棲みついた」第8話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です